3Dデータ基本構造:CATIA V5使い方講座

「3Dデータ基本構造」の記事一覧

「CATIA V5使い方講座」の「3Dデータ基本構造」のカテゴリ記事リストです。

3Dデータ基本構造

3Dデータを扱う場合は、そのデータの構造を統一させる事が大事です。基本的な方針として、体裁面側形状から裏側形状を抜く構造で、形状を作成していきましょう。

3Dデータ基本構造の全文を読む

3Dデータ基本ツリー構造

CATIA_V5において、3Dデータのツリー構造について説明します。また、貫通穴形状を作成する場合や、フィレットツールを使用する場合の注意点についても説明します。

3Dデータ基本ツリー構造の全文を読む

やり直し可能なモデリング作成

CATIAで複雑な形状をモデリングする場合は、一旦、独立したパートとして作成し、後でアセンブルし部品形状を作成するのが、やり直し可能な最適なモデリングの作成方法だと言えます。

やり直し可能なモデリング作成の全文を読む

基本要素の変更に追従するモデリング

CATIA_V5のモデリングにおいて、要素を変更した際、その変更に他の要素を追従させるモデリングの方法がありますので、それを事例を挙げて解説します。

基本要素の変更に追従するモデリングの全文を読む

ボディの分け方

CATIAでモデリングをする場合に、ボディの分け方のポイントがありますので、幾つか解説します。ボディは細かく分け、空のアセンブリにアセンブルすることがポイントです。

ボディの分け方の全文を読む

ボディの名前

ツリー構造にあるパートや形状加工が、どのパートでどの部位の加工なのかを理解しやすくするため、ボディやエレメントに適切な名前を付ける事は大事な事です。また、名前を付ける際は、1バイトの半角文字を使用しましょう。

ボディの名前の全文を読む

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ