3Dデータ基本ツリー構造:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



3Dデータ基本ツリー構造

CATIA_V5において、ツリーとはデータの構造を示すもので、
作成したパートに対して使用したツールや工程の履歴を把握することができます。


標準的な仕様ツリー構造

以下に、CATIA_V5での標準的な仕様ツリーを示します。


【標準的な仕様ツリー】


前項の「3Dデータ基本構造」でも説明したように、
裏側形状には子として、体裁面側のオフセット形状や、ボス、リブ等をぶら下げます。

ただし、形状の細かい部分や設計変更の多くなると思われる部分は、
ツリーの最後に持ってくることがポイントです。

そうしないと、エラーの起こりやすい部品構造となってしまう可能性があります。


貫通穴形状

貫通穴は体裁面形状から、裏側基本形状を抜いた後にまとめて作成しましょう。


貫通穴を裏側基本形状に結合して抜く操作でも、結果としては同じ部品を作成できます。
しかしながら、仕様ツリーの見易さの観点から、まとめておいて操作を行う方が良いのです。


【貫通穴の組込みタイミング】


フィレットツール

フィレットツールは形状を修正した際、エラーが起こりやすいツールです。

形状を変更する度にエラーが生じ、解決していたのでは、
いくら仕様ツリーが見やすい形であっても意味がありませんね。

そのため、ある程度設計が固まるまではフィレットを作成しない方が良く、
最終段階で作成するのが賢明です。


また下図に示すように、完成形状の直前にまとめてフィレット操作を行うと、
わかりづらい構造となってしまうため、仕様ツリー上の部品毎に、
可能な限り上流段階で操作を行うようにします。


【フィレットの組込みタイミング】


この方法により、フィレットを作成した後に形状の修正を行っても、
エラーが起こりにくい仕様ツリー構造が出来上がります。

3Dデータ基本構造

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ