基本要素の変更に追従するモデリング:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



基本要素の変更に追従するモデリング

さて、前項の「やり直し可能なモデリング作成」までで、
モデリングの基本構造、モデリングの仕方を述べてきました。

ここで、さらに一歩進んだCATIA_V5のモデリングの方法を紹介します。


基本要素である面形状を使用しモデリングをすることで、
この面の変更に追従させるモデリング方法です。

この方法を使うことで、さらにモデリングが容易になることでしょう。


面の変更に追従させるモデリング方法の事例

前項「やり直し可能なモデリング作成」で例に挙げた部品を、ここでも使用します。

この部品の作成段階において、スケッチを2回、押し出しを2回行いました。
この4つの作業全てに基本形状である平面を使用するのです。


手順としては・・・

  1. 円柱の底面となる平面を定義する。
  2. 円をスケッチする。
  3. 円を平面まで押し出す。
  4. 平面を四角柱の底面に定義する。
  5. 四角をスケッチする。
  6. 四角を平面まで押し出す。

上記のように行います。


【平面を使用したモデリング】


このように作成しておいて、例えば円柱の高さに変更が生じた場合、
作成した平面Bを移動させることで、円柱の高さが変更されます。

さらに、平面Bを移動させたことで四角柱の高さも同時に変更されます。


つまり、円柱、四角柱の2部品は平面Bに追従しているのです。 さらに、平面Aを移動させれば、原点からオフセットした状態が得られます。

また、四角柱が不要となり削除した場合でも、平面Bは残るので四角柱は存在し続けます。
下図に示すツリー形状も併せて確認して下さい。


【平面を使用したモデリングのツリー構造】


こうして基本形状を使用して作成した部品は、
基本形状の変更に追従して変更されるだけでなく、後戻りが可能なモデリングとなります。

3Dデータ基本構造

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ