CATIA V5使い方講座サイトマップ

●CATIAのスクール、通信講座をお探しなら・・・


ヒューマンアカデミーのCATIA講座はCATIA初心者の方にオススメの講座です。


本気でCATIAを学びたい方は、まずは資料請求(無料)されてみてはいかがですか?


※リンク先はCAD講座になっていますが、CATIA講座の資料請求にも対応しています


>>資料請求に要する時間はわずか5分!CATIA講座の無料資料請求はコチラ

当サイトのサイトマップ

3Dデータ基本構造」の記事一覧

  • ボディの名前
    ツリー構造にあるパートや形状加工が、どのパートでどの部位の加工なのかを理解しやすくするため、ボディやエレメントに適切な名前を付ける事は大事な事です。また、名前を付ける際は、1バイトの半角文字を使用しましょう。
  • ボディの分け方
    CATIAでモデリングをする場合に、ボディの分け方のポイントがありますので、幾つか解説します。ボディは細かく分け、空のアセンブリにアセンブルすることがポイントです。
  • 基本要素の変更に追従するモデリング
    CATIA_V5のモデリングにおいて、要素を変更した際、その変更に他の要素を追従させるモデリングの方法がありますので、それを事例を挙げて解説します。
  • やり直し可能なモデリング作成
    CATIAで複雑な形状をモデリングする場合は、一旦、独立したパートとして作成し、後でアセンブルし部品形状を作成するのが、やり直し可能な最適なモデリングの作成方法だと言えます。
  • 3Dデータ基本ツリー構造
    CATIA_V5において、3Dデータのツリー構造について説明します。また、貫通穴形状を作成する場合や、フィレットツールを使用する場合の注意点についても説明します。
  • 3Dデータ基本構造
    3Dデータを扱う場合は、そのデータの構造を統一させる事が大事です。基本的な方針として、体裁面側形状から裏側形状を抜く構造で、形状を作成していきましょう。

はじめに」の記事一覧

  • 動作環境
    CATIA V5は、Windows NTが使用可能です。したがって、Winodwsでのショートカットキーも使用可能になっています。推奨動作環境も、以下に記載しておきます。
  • CATIAとは
    CATIAとは3次元のハイエンドCAD/CAM/CAE統合システムです。フランスのDassault Systemes社によって開発されました。現在の最新バージョンはCATIA_V5のR19です。

アセンブリデザインワークベンチ」の記事一覧

  • 部品表
    CATIAでは、作成したアセンブリの部品表を作成するツールが存在します。ここでは、部品表の作成方法とともに、部品表をテキストファイルとしてエクスポートする方法も併せて紹介します。
  • 部品の修正
    既にアセンブリに組み込んでいる構成部品の、寸法や形状の修正・編集を行う場合についての操作方法を解説します。これにはワークベンチ切り替えの作業が必要ですが、非常に簡単にできます。
  • 干渉の検出
    干渉を検出ツールを使って、アセンブリ内の構成部品どうしが干渉していないか確認する方法を説明します。また、クリアランスを指定して干渉を解析する方法も説明します。
  • 拘束条件の確認
    定義づけされた拘束条件をテーブルで確認するツールを紹介します。拘束条件の確認の方法は、「拘束を解析」ウィンドウから、解析するプロダクトを選択して、拘束条件の種類や自由度の数を確認することができます。
  • 拘束条件をつける
    複数の部品をアセンブリに組んだら、構成部品に互いの関係を定義するため拘束条件をつける必要があります。ここでは、接触拘束ツールを使って、構成部品の面と面を接触させる方法を解説します。
  • 部品の移動・回転(2)
    スナップ機能を使用して、構成部品同士の位置決めをする操作方法を説明します。コツとしては、アセンブリに構成部品を組んだら、移動させない部品を最初に位置決めし、拘束ツールを使用してアンカをつけておくと良いでしょう。
  • 部品の移動・回転(1)
    アセンブリ・デザインワークベンチ上で、アセンブリに組んだ構成部品の移動・回転をさせる方法を説明します。ここではマニピュレータでドラッグすることによる移動・回転の操作方法を説明します。
  • 部品の移動・回転における注意
    アセンブリ・デザインワークベンチでは、部品の移動・回転させる手段として、3Dコンパスを遣う方法と、マニピュレータでドラッグする方法の2通りの方法があります。この際には、メモリ使用量と位置合わせの基準に注意すべきです。
  • アセンブリ・デザインワークベンチの概要
    CATIAのアセンブリ・デザインワークベンチについての概要です。アセンブリ・デザインワークベンチで使用可能な主なツールについても紹介します。

インフラストラクチャーワークベンチ」の記事一覧

  • 背景と光源
    背景の色や光源の位置を変えてモデルを見やすくするための方法を紹介します。背景の設定方法やアンチエイリアスの設定方法、光源の設定方法などを解説。
  • エクスポート
    CATIAでモデリングしたデータを他のソフトで開くために、データをエクスポートする方法を解説しています。エクスポートする際はファイルの種類や拡張子、CADの互換性にご注意ください。
  • 慣性の測定
    CATIAでは、作成したモデルにマテリアルを適用させておくことで、慣性の測定が可能になります。ここでは、慣性の測定方法について説明します。
  • セクションビュー
    断面の形状や干渉状態、クリアランス状態等を目視で確認するには、セクションツールを使用するのが便利です。ここでは、セクションビューの確認方法を解説します。
  • アノテーションの追加
    3D形状にアノテーションをつける方法を説明します。3D空間で3Dモデルを見る位置が決まっていないので、どの位置から見ても、閲覧者がアノテーションに気づくように色やサイズ、配置場所に注意する必要があります。

カスタマイズ」の記事一覧

  • 仕様ツリー
    CATIAの仕様ツリーの使い方、操作方法を紹介します。これを使えば、作成された部品の工程や使用したツールの履歴を確認する事ができるようになります。
  • ワークベンチをカスタマイズ(応用編)
    ワークベンチにショートカットキーを割り当てる方法を解説します。ここでは、Ctrl+qでアセンブリーデザインワークベンチに移動できるように設定する事例をご紹介します。
  • ワークベンチをカスタマイズ(基本編)
    ワークベンチをカスタマイズする方法として、まずは基本的なところから解説します。ツールバーを表示させる方法と、ツールバーへツールを追加する方法をここでは解説します。

ジェネレーティブシェイプデザイン」の記事一覧

  • 形状、ボディの変更
    CATIAでは、モデリングの過程が履歴として全て残っていますが、この履歴を残したまま形状やボディを変更する操作方法について解説します。
  • 厚みサーフェス
    ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成したサーフェスに厚みをつけるための「厚みサーフェス」について解説します。この厚みサーフェスはソリッド形状になるので、オープン・ボディではなく、パート・ボディに属します。
  • スパイラル
    ワイヤーフレームの中でも特殊形状であるスパイラルの作成方法について説明します。らせんも同様の操作方法で作成することができます。
  • 円形パターン
    CATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成した形状を円形パターンツールを使用して並べる方法を説明します。この円形パターンツールを使用することで、円形を作成すると同時に、フィーチャーに厚みをつけることができます。
  • 円の作成方法
    円ツールを使用して作成できるエレメントの作成方法を説明します。なお、円ツールは円だけでなく円弧を作成することもできます。
  • 分割
    catiaのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチにおいて、作成したエレメントや面を分割する操作方法を説明します。
  • コーナーの作成方法
    CATIAで3D空間に存在する2つの線に対してコーナーを作成する方法を解説します。
  • 面の作成方法
    CATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成したワイヤーフレームを使用して面を作成する方法を解説します。フィルサーフェスのツールを使います。
  • 座標系
    CATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで面を作る際には、予め座標系を用意しておきましょう。ここでは、座標系の作成方法を解説します。
  • 直線の作成方法
    CATIAのジェネレーティブシェイプデザインにおいて線を作成する方法を解説します。6通りの方法がありますが、ここでは「点-点」と「点-方向」を使用して直線を作成する場合の操作方法を解説します。
  • 点の作成方法
    ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチ内に点を作成する方法を説明します。点の作成方法を学ぶことは、線や面の作成や座標系の原点設定のためにもとても重要です。
  • ジェネレーティブ・シェイプ・デザインの概要
    CATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインは、ワイヤーフレームやサーフェスを作成し、さらにそれを利用して形状作成するのに有効なワークベンチです。ここでは、その概要について述べます。

スケッチャーワークベンチ」の記事一覧

  • スケッチャーワークベンチの抜け出し
    スケッチが終了したら3次元でのモデリングに移りますが、その際のスケッチャーワークベンチから抜け出す時の注意点と対処法を解説します。
  • 拘束の修正と注意点
    CATIA V5において、拘束の修正をするための操作方法解説するとともに、拘束を定義する操作にあたっての注意点をあげます。
  • 自動拘束
    CATIAで自動拘束をかける方法を解説します。自動拘束は、拘束をかけたいエレメントにのみ自動で拘束をかけてくれるので非常に便利なツールです。
  • 拘束をアニメーション表示
    CATIAの「拘束をアニメーション表示」のツールの使い方を解説。拘束をかけたプロファイルに対して、拘束の効果を見ることができる便利なツールです。
  • 拘束の種類
    CATIAのスケッチャーワークベンチで使用できる拘束ツールの一覧をご紹介していきます。
  • アンカ
    CATIA V5でアンカを用いて、エンティティを座標系と関係づける方法を解説します。拘束をしていないエンティティは、簡単に位置や長さ、角度が変わってしまう事があるので注意しましょう。
  • 面取り
    面取りツールを使って、角の丸めを行う方法を解説します。2つの線を選択する方法、角を選択する方法の2種類について解説します。
  • コーナー
    コーナーツールを使用してRを付ける方法を解説します。2つの線を選択してRを付ける方法と、角を選択してRを付ける方法の2通りの方法を、それぞれご紹介します。
  • トリム
    トリムは、直線や曲線を指定した位置まで延長させたり、短縮させるツールですが、ここでは、その操作方法と、修正方法について解説します。

  • CATIAにおいて、定義された平面に線を引く方法を紹介します。基本の操作方法から、スナップを使用する場合、線の情報を入力する場合、それぞれについて解説します。

  • CATIAで平面に点を作成する方法を解説。通常の定義された平面に点を作成する方法のほか、点の情報を入力する場合、交点を打つ方法なども解説します。
  • グリッドとスナップのカスタマイズ
    CATIAにおいて、スナップ機能とグリッド機能をカスタマイズする方法を解説します。
  • 作業平面の特定
    CATIAで実際にスケッチする際において、最初にどの平面上にスケッチするのか、その作業平面の特定をする方法を解説します。
  • 拘束
    CATIA V5での、スケッチャーワークベンチで作図するエンティティを拘束する方法について解説します。
  • 操作
    CATIAのスケッチャーワークベンチに装備されている操作ツールについて解説します。分割ツールやクイックトリム、オフセットなどの操作ツールについて。
  • プロファイル
    CATIAのプロファイルツールにおいて、線を引く場合と円弧を描く場合のそれぞれについて解説します。また、スナップ機能についても解説します。
  • スケッチャーワークベンチの概要
    パートを作成するためには、エンティティの組み合わせが必要です。エンティティを作成するために使用するワークベンチが、CATIAではスケッチャーワークベンチです。

ドラフティングワークベンチ」の記事一覧

  • 表題の挿入
    CATIA V5での表題の挿入方法について。表題を囲む枠や線は「形状を作成」ツールを使用します。また、予め表題のサンプルがいくつか用意されているので、そのサンプルの呼び出し方法も説明しておきます。
  • 寸法の挿入
    CATIAの寸法ツールは、距離を示す寸法挿入の他にも、座標値や交差などもつけ加えることができます。ここでは、交差の挿入方法とともに長さ/距離寸法を挿入する方法を説明します。
  • オブジェクトの挿入
    CATIAではEXCEL(エクセル)など他のアプリケーションで作成したデータを図面に挿入することができます。このオブジェクトの挿入のやり方を解説します。
  • アノテーション
    図面にアノテーション(注釈)を挿入する方法を説明します。ここでは、単純なテキストの挿入方法を説明します。
  • プロットアウト
    CATIAで作成した図面を印刷(プロットアウト)する方法を解説します。プロットアウトの手順から、PDF出力する場合の方法など。
  • 補助投影図の作成
    CATIAで補助投影図という補助図を作成する方法を解説します。そのほか、クリッピングの機能についても紹介します。
  • 断面図の作成
    CATIAにおける断面図の作成方法についての解説。ここではオフセット断面図の作成方法を説明します。
  • 詳細図の作成
    CATIAで詳細図を作成する方法を解説します。ここでは、元となる標準ビューをあらかじめ作成しておいてから、詳細ビューをセットしていきます。
  • 削除と修正
    CATIA図面の編集作業のそれぞれについて、具体的な操作方法を紹介しています。シート/ビューの削除方法、スケールの変更方法、テキストの変更方法、寸法プロパティの変更方法など。
  • 新規シート
    CATIAでの新規シートの追加する方法を解説します。また、新規シートを作成するときに、他のシートで使っていた枠図や表題欄を適用させる方法も解説しております。
  • ビューの追加
    既に作成済のシートにビューを追加する方法を解説します。CATIAでは、ビューの作成ウィザードを使用することで、容易にビューを追加することができます。
  • シートの作成
    CATIA V5でドラフティング・ワークベンチにおけるシートの作成手順を示します。新規図面を作成する際は、作成する図面のタイプを選択してドラフティングの画面に入ります。
  • ドラフティングワークベンチのカスタマイズ
    CATIAのドラフティングワークベンチで使用できるオプション機能の説明です。グリッド線の表示やスナップ機能のON、OFF、スケール因数の表示有無の選択など、補助機能についての説明です。
  • レイアウト
    CATIA V5のレイアウトに関しての説明です。図面を作成する場合の便利な画面表示方法や一般的な図面の作成方法について説明します。
  • リンクの設定
    CATIAのパート・デザインワークベンチで作成した3Dモデルと、ドラフティングワークベンチで作成した図面は、リンクしていますが、そのリンクの設定方法について解説します。
  • ドラフティングワークベンチの概要
    CATIAのドラフティングワークベンチについての説明です。ここでは、作成した3Dモデルを2次元図面におとすことができ、上面図、背面図、アイソメ図の他、断面図、詳細図等が作成できます。

パートデザインワークベンチ」の記事一覧

  • 履歴
    CATIAにおいて、走査ツールを使用して部品の履歴を探る方法を解説します。
  • マテリアルの適用
    CATIA v5でのマテリアルの適用方法を解説します。作成した3Dモデルにマテリアルを適用させることで、よりリアルにモデルを表示させることができるとともに、密度やヤング率を付与すれば、その状態での重量や体積を求めることができます。
  • スケーリング
    スケーリングを使用してパートのサイズを変更する方法を説明します。ここでは、拡大・縮小率を指定して形状変更する方法を紹介します。
  • ミラーリングと対称移動
    CATIAのミラーリングと対称移動の操作方法を示します。なお、ミラーリングをした際は、二つのパートが存在するように見えますが、仕様ツリー上は1つのパートとして表示され、マテリアルの定義も同じマテリアルを適用させることになるので、注意下さい。
  • 長方形パターン
    長方形パターンは、形状を格子状に並べるツールで、同じ材質の同じ用途のパートを複数作成する場合に使います。ここでは、その長方形パターンの操作方法を解説します。
  • 回転移動
    形状を回転移動させる操作方法について解説しますが、ここでは、ツールを使用してパートの絶対座標位置を変更するやり方を紹介します。
  • 平行移動
    CATIAで形状を移動させる方法として、移動ツールを使用してパートの座標値を変更する方法を説明します。
  • 修正
    CATIAのパートデザインワークベンチにおいて、形状の修正方法と寸法の修正方法について、具体的な操作方法を解説します。
  • 穴~穴形状を指定する~
    CATIAの穴ツールに装備されている穴形状の種類を紹介します。単純な穴から、テーパ、座ぐり、皿穴、ドリルなどの形状を作成することが出来ます。

  • CATIAで、既存形状に穴を空ける方法として、穴ツールの操作方法を解説します。ポケットでも、既存形状に穴をあけられますが、用途が明確になるようなネジ穴の場合には穴ツールを使用した方が良いです。
  • ドラフト角度
    ドラフト角度ツールを使えば、角度をつけて抜くことができます。ここでは、基本的なドラフト角度の操作方法と、パッドと同時にドラフトを行う方法を紹介します。
  • フィレット(応用編)
    CATIAに装備されているフィレットの派生ツールとして、除変フィレット、フェースフェースフィレット、3接フィレットの3つの操作方法を解説します。
  • フィレット
    3D形状のモデルにフィレットをかける基本操作方法を説明します。また、フィレットの操作上の注意点についても触れます。
  • 押し出し
    パッドの基本操作を説明します。パッドを選択することで、プロファイルを押し出すことが出来るようになります。また、押し出しをする時の注意点についても、説明します。
  • パートデザイン・ワークベンチの概要
    CATIAのスケッチャー・ワークベンチで作成したプロファイルを使用して形状作成するワークベンチであるパートデザイン・ワークベンチをご紹介します。

プロダクトストラクチャーワークベンチ」の記事一覧

  • ブール演算
    体裁面側形状から裏側形状を抜く作業の方法を説明します。ここでは、ブール演算ツールの"差"を使ってアセンブリする方法を解説します。
  • 既存構成要素の挿入
    既に作成済みの形状、既存構成要素をプロダクトに組み入れる方法を説明します。また、組み込んだ構成部品も、各々のワークベンチに移動することで再編集、修正が可能です。
  • 構成要素の挿入
    プロダクト・ストラクチャワークベンチ内で構成要素や部品を作成方法を説明します。プロダクトの子部品には、構成要素、プロダクト、パートを挿入することができます。
  • プロダクト・ストラクチャーワークベンチの概要
    プロダクト・ストラクチャーワークベンチは、複数の部品を1つのアセンブリに組み込む作業ができるワークベンチです。ここでは、このワークベンチで使用できる主なツールを紹介していきます。

ワークベンチ」の記事一覧

  • ワークベンチの切り替え
    CATIA_v5のワークベンチにおいて現在いるワークベンチから任意のワークベンチへ切り替える方法を紹介します。また、切替を行うためのメニューをカスタマイズする方法も解説します。
  • ワークベンチの種類
    CATIA V5での使用頻度の高いワークベンチを紹介します。インフラストラクチャーやメカニカル・デザイン、シェイプなどはパート作成でよく使う機能です。その他、設計分野ごとに良く使う機能も紹介します。

基本メニューとツール」の記事一覧

  • 3Dコンパス
    3Dコンパスを使った視点の操作方法を解説します。ワークベンチ上のモデルを回転させたり、移動させたりする方法を紹介します。
  • 計測ツール
    CATIA V5において、あらゆるワークベンチで使用可能な、2要素間の距離を測定するツールの使用方法を解説します。
  • ツール
    CATIAのツールバーあるツールのメニューについて解説します。「すべて更新」、「Create 3D Axis System」、「データムを作成」などのコマンドがあります。
  • カスタムビューツール
    CATIA V5の「カスタマイズされたビュー パラメータを適用」ツールについて説明します。このツールは、モデルに対して、材料のパラメータを設定して表示させるツールです。
  • 表示ツール
    CATIAの表示ツールについて解説します。ここではビューツールについて、それぞれのメニューを解説します。
  • 標準ツール
    標準ツールは、CATIA V5で標準装備されているツールですが、それぞれのメニューについて機能解説を行います。
  • 選択
    選択ツールには幾つかありますが、ここでは、使用頻度の高い3つのツール(選択・選択トラップ・交差トラップ)について解説していきます。
  • ツールバー
    CATIAのデフォルト状態で装備されているツールバーの種類の紹介と簡単な説明をしていきます。
  • アクティブワークベンチツールバー
    CATIA操作時に使用しているワークベンチの事を、アクティブワークベンチと呼びます。ここではそうしたアクティブワークベンチにおいて使用可能なツールについて紹介します。

基本操作」の記事一覧

  • メモリについて
    CATIAのモデリング作業では、PCのメモリを非常に大量に使用し、データ保存中に落ちる事も稀にあります。その際、ファイルのデータが保存されず形状が壊れる事もあります。それの回避方法やメモリを予め下げる防止策を紹介します。
  • マウス操作
    3つボタンマウスの基本操作の説明と代替操作方法を解説します。パートの移動や拡大・縮小、回転など、マウスボタンだけで操作が可能です。
  • 起動から終了まで
    CATIA V5の基本操作方法として、起動のさせ方、保存の仕方、終了する方法をそれぞれ解説します。初心者の方はご参考下さい。

その他の記事一覧

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ