アセンブリデザインワークベンチ:CATIA V5使い方講座

「アセンブリデザインワークベンチ」の記事一覧

「CATIA V5使い方講座」の「アセンブリデザインワークベンチ」のカテゴリ記事リストです。

アセンブリ・デザインワークベンチの概要

CATIAのアセンブリ・デザインワークベンチについての概要です。アセンブリ・デザインワークベンチで使用可能な主なツールについても紹介します。

アセンブリ・デザインワークベンチの概要の全文を読む

部品の移動・回転における注意

アセンブリ・デザインワークベンチでは、部品の移動・回転させる手段として、3Dコンパスを遣う方法と、マニピュレータでドラッグする方法の2通りの方法があります。この際には、メモリ使用量と位置合わせの基準に注意すべきです。

部品の移動・回転における注意の全文を読む

部品の移動・回転(1)

アセンブリ・デザインワークベンチ上で、アセンブリに組んだ構成部品の移動・回転をさせる方法を説明します。ここではマニピュレータでドラッグすることによる移動・回転の操作方法を説明します。

部品の移動・回転(1)の全文を読む

部品の移動・回転(2)

スナップ機能を使用して、構成部品同士の位置決めをする操作方法を説明します。コツとしては、アセンブリに構成部品を組んだら、移動させない部品を最初に位置決めし、拘束ツールを使用してアンカをつけておくと良いでしょう。

部品の移動・回転(2)の全文を読む

拘束条件をつける

複数の部品をアセンブリに組んだら、構成部品に互いの関係を定義するため拘束条件をつける必要があります。ここでは、接触拘束ツールを使って、構成部品の面と面を接触させる方法を解説します。

拘束条件をつけるの全文を読む

拘束条件の確認

定義づけされた拘束条件をテーブルで確認するツールを紹介します。拘束条件の確認の方法は、「拘束を解析」ウィンドウから、解析するプロダクトを選択して、拘束条件の種類や自由度の数を確認することができます。

拘束条件の確認の全文を読む

干渉の検出

干渉を検出ツールを使って、アセンブリ内の構成部品どうしが干渉していないか確認する方法を説明します。また、クリアランスを指定して干渉を解析する方法も説明します。

干渉の検出の全文を読む

部品の修正

既にアセンブリに組み込んでいる構成部品の、寸法や形状の修正・編集を行う場合についての操作方法を解説します。これにはワークベンチ切り替えの作業が必要ですが、非常に簡単にできます。

部品の修正の全文を読む

部品表

CATIAでは、作成したアセンブリの部品表を作成するツールが存在します。ここでは、部品表の作成方法とともに、部品表をテキストファイルとしてエクスポートする方法も併せて紹介します。

部品表の全文を読む

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ