アセンブリ・デザインワークベンチの概要:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



アセンブリ・デザインワークベンチの概要

アセンブリを組む方法は、先のプロダクト・ストラクチャワークベンチで説明しました。

CATIAでは、プロダクト・ストラクチャワークベンチを使用して、
アセンブリに組み込まれた部品は、この時点ではオリジナルの位置情報を持っています。

この位置情報に基づいて、アセンブリ内に存在しているのです。


従って、1つのアセンブリ内に存在している他の部品と、組み込んだ部品が干渉していたり、
見当違いの位置に存在していることがあります。

このそれぞれの位置情報を持っている部品を移動・回転操作を行い、正しい位置に配置することや
部品同士に拘束条件を付加し構成部品として成立させることができるツールを備えているのが、
CATIAではアセンブリ・デザインワークベンチです。


アセンブリ・デザインワークベンチで使用可能な主なツール

以下から、アセンブリ・デザインワークベンチで使用可能な主なツールを紹介していきます。


【アセンブリ・デザインワークベンチ】


①製品構成ツール
このツール群はプロダクト・ストラクチャワークベンチでも使用可能でした。
アセンブリの作成や、アセンブリに部品を組み込むツールです。

②画像ツール
画面に表示されている状態のシーンを作成することができます。

③移動ツール
構成要素を移動させるツールです。

④拘束を作成ツール
拘束条件を付加するツールです。
接触拘束、一致拘束、角度拘束、固定、接着等の拘束ツールがあります。

⑤注釈ツール
部品に注釈を付加するツールです。
溶接フィーチャー、テキスト、フラグノート等があります。

アセンブリデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ