拘束条件をつける:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



拘束条件をつける

複数の部品をアセンブリに組んだら、拘束条件をつける必要があります。
これは、構成部品に互いの関係を定義するためです。

拘束条件をつけておくことで、構成部品に修正が入った場合でも
他の構成部品の位置変更等も必要に応じてCATIAが変更します。


拘束条件をつける方法は、スケッチャーワークベンチの項目で触れているので、
ここでは、アセンブリ・デザインワークベンチ特有の拘束ツールを説明します。


接触拘束

接触拘束ツールは、構成部品の面と面を接触させる拘束ツールです。

①"接触拘束"ツールを選択します。
②接触させる2面を選択します。

この時、2番目の面は、最初に選択した面を持つパート以外でなくてはなりません。
2面を選択し終えると、拘束のシンボルが表示されます。


【接触拘束シンボル】


③"更新"ボタンで更新します。

ウィンドウの右側に表示されいない場合には、
メニューの"編集"から"更新"を選択する方法もあります。

更新ボタンを選択すると、互いに距離を持っていた面同士が同一平面上で接触します。


使用頻度の高い一致拘束も同様の操作方法で拘束条件を付加できます。

前につけた拘束条件と、これから付加しようとしている拘束条件に
矛盾が生じる場合、"更新"ボタンを選択すると以下のようなメッセージが表示されます。


【診断を更新ウィンドウ】


これは、拘束条件に一貫性が無い場合等に表示されるものです。

従って、再度更新条件を見直し、必要の無いものは削除します。
"編集"ボタンを選択すると、編集作業に入ることができます。

アセンブリデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ