部品の修正:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



部品の修正

プロダクト・ストラクチャーワークベンチで既にアセンブリに組み込んでいる
構成部品でも、寸法や形状の修正・編集を行うことができます。

CATIAでは、各々の部品はパート・デザインワークベンチや
ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成している為、
修正・編集作業も同じワークベンチで行います。


このワークベンチ切り替えの作業は非常に容易で単純です。


構成部品の編集作業の始め方

①修正・編集を行う部品の上にマウスでポインタを持っていきます。
仕様ツリーにて所望の部品が選択されていることを確認して下さい。


【パートが選択されている状態】


②この状態でマウスをダブルクリックします。

これで、ワークベンチがアセンブリ・デザインワークベンチから
パート・デザインワークベンチ、ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチへと
切り替わり、構成部品の編集が行えるようになります。


編集作業が終了して元に戻る場合

編集作業が終了し、再びアセンブリ・デザインワークベンチに戻る作業も非常に容易です。

メニューの"スタート"から"アセンブリ・デザインワークベンチ"を選択する。
作業はたったのこれだけです。


さらに、プロダクト・ストラクチャワークベンチに戻る際は、
仕様ツリーで"プロダクト"をダブルクリックするだけでワークベンチが切り替わります。


こうして部品の修正作業を行うことができるのです。

具体的な修正作業については、パート・デザインワークベンチ又は
ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチの項目を参照してください。

アセンブリデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ