部品表:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



部品表

ここでは、作成したアセンブリの部品表の作成方法を説明します。

部品表は自分で作成することもできますが、CATIAでは、部品表を作成するツールが存在します。


アセンブリ名やアセンブリに組み込んだパートに対して、
パート名をつけていれば、自動的にこの名称が部品表に反映されます。


部品表の作成方法

①メニューの"解析"を選択します。
②プルダウンメニューから"部品表"を選択します、


【部品表の選択】


すると、"部品表"ウィンドウが表示されます。

ここから、アセンブリ内のパート数、パート名称等を確認することができます。


このツールは、アセンブリ・デザインワークベンチ特有のツールですので、
部品表を作成する場合には、必ずアセンブリ・デザインワークベンチに入って作成しなくてはなりません。

ただし、CATIAではこの部品表をテキストファイルとしてエクスポートすることが可能です。
エクスポートしたファイルは、CATIAに関係なく開くことができるのです。


ファイルのエクスポート

①部品表ウィンドウが出ている状態で、"リスト作成レポート"タブに切換えます。

②"リスト作成のためのプロパティ"フィールドで、
"表示されたプロパティ"に所望のプロパティを追加します。


【エクスポートする部品表のプロパティ】


③"リフレッシュ"を押下します。
するとレポート内容が更新されます。

④"名前を付けて保存"ボタンを押下します。
すると"リスト作成レポートに名前を付けて保存"ウィンドウが表示されます。

⑤テキストを作成するディレクトリを指定し、名前を付けます。
⑥"保存"ボタンを押下します。


以上で、レポートファイルが作成されました。

アセンブリデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ