ワークベンチをカスタマイズ(応用編):CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ワークベンチをカスタマイズ(応用編)

これまでに、ワークベンチの切り替え方法と、切り替える際に便利な
"ようこそ CATIA V5"ウィンドウにワークベンチを追加する方法を習得しました。

ここでは、さらに高度なカスタマイズする方法を説明します。


その方法とは、ワークベンチにショートカットキーを割り当てるカスタマイズです。

このカスタマイズ方法を使用することで、ダイレクトに
所望のワークベンチに飛ぶことができるようになります。


ショートカットキーの作成

例として[ctrl]+[q]でアセンブリー・デザインワークベンチに移動できるように設定します。


【ショートカットキーを作る方法】

  1. メニューの"ツール"を選択します
  2. プルダウンメニューから"カスタマイズ"を選択します
  3. "[スタート]メニュー"のタブを選択します
  4. 右側に表示されている選択済みのボックスから、ショートカットキーを作成するワークベンチを選択します
  5. [アクセラレータ]の入力ボックスにポインタを移動させます
  6. [ctrl]ボタンを押下します
  7. [+]を入力します ※この時、[ctrl]の後にスペースやその他の記号は不要です
  8. [q]を入力します ※この時も、[+]の後にスペースは不要です
  9. [閉じる]でウィンドウを閉じます

以上の操作の後、[スタート]を開いて、アセンブリー・デザインワークベンチに
ショートカットキーが作られていることを確認してください。


【ショートカットキーが作成された確認】


さらに、[ctrl]+[q]を押下し、ワークベンチが
アセンブリー・デザインに切り替わることも確認してください。

このようにして、ワークベンチにショートカットキーが作成できます。


ここで注意しなければならないことは、
既存のショートカットキーとダブらないようなキーを設定することです。

例えば、[ctrl]+[c]はコピーをするショートカットキーですが、
こういった既存のショートカットキーとダブらないように注意して設定してください。

カスタマイズ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ