仕様ツリー:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



仕様ツリー

CATIA V5では、仕様ツリーというツールを画面に常駐させることができ、
作成された部品における工程や使用したツールの履歴を確認することができます。

複雑な形状を持つ部品の場合、完成形状からフィレットや穴等の
加工部位やそのサイズを見極めるのは容易でないことがありますが、
仕様ツリーを見れば、それらの情報が把握できます。


CATIAの仕様ツリーの使い方、操作方法

以下に、仕様ツリーの基本的な使い方と操作法を紹介します。


①詳細表示/非表示

複雑な形状を持つ部品は、仕様ツリーが巨大になりがちです。


【詳細部の表示/非表示】


仕様ツリーの枝部分にある""や""を使用し、
ぶら下がっている情報を表示/非表示させることができます。


②拡大/縮小

仕様ツリーを拡大表示/縮小表示させることができます。

仕様ツリーの枝部分にマウスのポインタを持っていき、クリックします。
すると、仕様ツリーがハイライトされます。

あとは、パートを拡大/縮小させる時と同様の操作で移動させることができます。
操作が終了したら、再度仕様ツリーをクリックします。


③移動

仕様ツリーを任意の位置に移動させることができます。
この場合も、拡大/縮小操作の時と同様で、ツリーの枝部分をクリックし、ハイライトさせます。

パートを移動させる時と同様のマウス操作で移動させることができます。
操作が終了したら再度仕様ツリーをクリックします。


④仕様ツリーの表示/非表示

仕様ツリーを表示させたくない時には、[F3]キーを使用します。

仕様ツリーが出ている時に押下すると非表示され、
もう1度押下すると再び表示されるようになります。


⑤修正・編集

CATIA V5では、仕様ツリーを使用して部品の修正、編集をすることができます。

例えば、フィレットや穴形状を削除すること、
フィレットのRサイズ値を変えることもできます。

カスタマイズ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ