ドラフティングワークベンチの概要:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ドラフティングワークベンチの概要

ドラフティングワークベンチは、作成した3Dモデルを2次元図面におとすワークベンチです。
上面図、背面図、アイソメ図の他、断面図、詳細図等も作成できます。


【図面の例】


また、テキストや寸法、材料情報等の挿入もこのワークベンチで行います。


CATIAのドラフティングワークベンチで作成した図面は、
".CATDrawing"という拡張子で保存されます。

".CATPart"で保存されるパート・デザインワークベンチとは、別ファイルで保存されるのです。


ただし、これらのファイルは互いにリンクしています。

このため、3Dモデルの修正、更新を行うと、
ドラフティングワークベンチで作成した図面にも反映されます。


3Dモデルのファイルを編集した後で、ドラフティングワークベンチの
CATDrawingファイルを開くと、"更新"マークがついていることに気づくと思います。

"更新"マークをクリックすると、編集後の3Dモデル形状にあった図面が作成されます。


ドラフティングワークベンチで装備されている主なツール

次に、ドラフティングワークベンチで装備されている主なツールを紹介します。


①選択
ビュー、寸法、アノテーションなどをピックします。

②図面
新規シート、輪郭線や表題欄、部品欄を作成します。

③表示
標準ビューや断面ビュー、詳細ビュー等を作成します。

④形状を作成
線、点等のエンティティを作成します。

⑤グラフィックプロパティ
線の太さ、色、線種等を選択する際に使用します。

⑥寸法を生成
寸法、半径等を入力します。

⑦寸法のプロパティ
寸法の記入方法、オーダー、公差等を決定します。

⑧注釈
テキスト、バルーン等アノテーションを記入します。

⑨テキストプロパティ
テキストのフォント、サイズ等を決定します。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ