レイアウト:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



レイアウト

ここでは、前後半に分けて、CATIA V5のレイアウトに関して説明します。

前半は、CATIAを使用して図面を作成する場合の便利な画面表示方法について。
後半は、一般的な図面の作成方法について、それぞれ説明します。


画面表示のカスタマイズ

図面に標準ビュー以外の断面図や補助図を追加する場合、
CATIAでは、3D上でモデルの切断部分を確認しながら作成することができます。


ドラフティングワークベンチは、パート・デザインワークベンチを開いた状態で入っているので、
2つのワークベンチが動いています。

そこで、メニューの"ウィンドウ"から"上下に並べて表示"を選択します。
すると、2つのワークベンチが上下に並んだ状態になります。


【上下に並べる】


断面図等を作成する場合、3Dモデルのカットする場合に参照面が表示されます。
カットする場所を確認しながらビューを作成することが可能なので、非常に便利です。


図面の作成方法

次に、図面の作成方法について説明します。
一般的に図面は次の3つで構成されています。

  • ①投影図
  • ②表題
  • ③枠

①ビューは、正面図、右側面図等、垂直ビューの他に断面図や詳細図もあります。
3Dモデルを確認しなくても形状を把握できるようなだけビューが必要です。

②表題には、図面番号、企業・団体名、作成者、尺度等を記入します。
表題欄は図面の右下に設けます。

③輪郭線や中心マークを作成します。


この他に、部品欄を設けることもあります。
部品欄には、部品番号、部品名称、材料、個数等を掲載します。


日本では、製図のルールをJISにて標準化されています。
したがって、このルールに則って作成する必要があります。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ