ドラフティングワークベンチのカスタマイズ:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ドラフティングワークベンチのカスタマイズ

ここでは、ドラフティングワークベンチで使用できる主なオプション機能を紹介します。

CATIAならではの機能もありますので、
必要に応じ、カスタマイズしてより使い易い環境を整えましょう。


主なオプション機能について

最初に、メニューの"ツール"から"オプション"を選択しオプションウィンドウを表示させます。


①"一般"タブ

"グリッド"フィールドでは、グリッド線の表示、スナップ機能が選択できます。
ビューを配置する際や表題を作成する際に非常に便利です。

ただし、スナップ機能をONにしたまま断面図を作成しようとした際、
所望の断面位置が選択できないことがありますので、必要に応じて適宜ON/OFFを設定しましょう。


"背景図をコピー"にチェックを入れた状態で、シート1に輪郭線や表題を作成した場合は、
その後シート2、シート3を作成した場合にも、この背景が継承されます。


【一般タブ】


②"レイアウト"タブ

"ビュー作成"フィールドでは、ビューを作成した際の"ビューの名前"表示や、
"スケール因数"の表示有無を選択できます。

ビューフレームはONにしておくと修正操作の際に便利です。


ビューの名前を日本語で表示させた場合には、他ソフトとの互換性に留意してください。
他ソフトで読み込んだ際に文字化けする可能性があります。


【レイアウトタブ】


③寸法

寸法整列にチェックを入れておくと、寸法表示が多数ある場合でも、
きれいにまとめることができます。


【寸法タブ】


④マニピュレータ

マニピュレータのサイズを変更することができます。
図面が非常に複雑な際、役立つと思いますが、普段は必要ないかもしれません。


【マニピュレータタブ】


ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ