新規シート:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



新規シート

詳細図や断面図等が多く1シートに図面が収まらない場合、シートを追加することができます。

"新規シート"を選択すると"シート.2"として新規のシートが出来上がります。
1図面内にシートを追加していることが仕様ツリーからもわかりますね。


シートを新規作成した場合、この新規シートがアクティブになっています。
また、ドラフティングワークベンチに入る際に指定した図面の規格がこのシートにも適用されます。


既に他シートにあるビューを移動させたい場合、仕様ツリーから該当するビューを選択します。
右クリックで"切り取り"、新シートを選択、右クリックし"貼り付け"ます。

このように、CATIAでは非常に容易にビューの移動を行うことができます。


背景図をコピー

さらに、シート1に背景として枠図や表題欄を作成していた場合、
この背景をシート2にも適用させることができます。

背景情報は、仕様ツリーには表示されないので、オプション機能から選択することになります。
従って、いったん作成したシートは削除します。


この後、メニューの"ツール"から"オプション"を選択し、"レイアウト"タブから、
"背景図をコピー"にチェックを入れます。

背景をコピーの詳細は既に説明済みですので、操作方法についてはそちらを参照してください。


【背景を新シートに適用する】


この操作を終えた後、再度シートを作成すると、シート1と同じ背景がシート2にも適用されます。

背景を編集すると、この背景を適用しているシートの全ての背景が更新されますので、注意が必要です。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ