削除と修正:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



削除と修正

ここでは、図面の編集作業について説明します。

CATIAには、ドラフティングワークベンチにも仕様ツリーが存在するので、
編集作業も容易に行うことができます。


ぞれぞれの編集作業内容と、具体的な操作方法を下記に述べます。


シート/ビューの削除

作成したシートやビューが不要になった場合、該当するシート/ビューを削除します。

  • ①仕様ツリー内の該当するシート又はビュー名称の上で右クリックをします。
  • ②表示されたメニューのなかから"削除"を選択します。


【シートの削除】


こうしてシートとビューを削除することができます。


スケールの変更

作成したビューについて、スケールを変更したい場合、
非常に簡単な作業でスケールを変更することができます。

  • ①仕様ツリー内の該当するビュー名称の上で右クリックをします。
  • ②表示されたメニューの中から"プロパティ"を選択します。


【プロパティを選択】


すると"プロパティ"ウィンドウが表示されます。

  • ③"スケールと方向"フィールド内の"スケール"部分に、所望のスケールを入力します。
  • ④"適用"ボタンでできあがりビューを確認します。
  • ⑤"閉じる"でウィンドウを閉じます。

こうしてスケールの変更を行うことができます。


図の名前の変更

ビューの名前を変更して表示することができます。
これも、仕様ツリー内の各々のビューの"プロパティ"から作業をします。

  • ①仕様ツリー内の該当するビュー名称の上で右クリックをします。
  • ②表示されたメニューの中から"プロパティ"を選択します。
    すると"プロパティ"ウィンドウが表示されます。
  • ③"図の名前"フィールドに、現状の名前が入っているので、ここに新しい名前を入力します。


【図の名前の変更】


  • ④"適用"ボタンで仕様ツリー内に反映されているかを確認します。
  • ⑤"閉じる"でウィンドウを閉じます。

テキストの変更

各ビューを作成した際、デフォルト状態ではビューの名前とスケールが
図面内に表示される設定になっています。

このビューの名前やスケールの表記等を変更したい場合に、以下の作業を行います。


  • ①図面内の該当するテキストをダブルクリックします。
    すると"テキストエディタ"ダイアログボックスが表示されます。
  • ②所望のテキストを入力します。
  • ③"OK"ボタンでウィンドウを閉じます。

テキストのフォントや表記方法を変更したい場合には、以下の作業を行います。

  • ①"テキストプロパティ"ツールバーを予め表示させておきます。
    メニューの"表示"→"ツールバー"→"テキストプロパティ"で表示させることができます。
  • ②該当するテキストを選択します。
    すると、"テキストプロパティ"に現状の表記方法が表示されます。
  • ③該当項目を編集します。

これで作業は完了です。
なお、テキストを右クリック→"プロパティ"の"フォント"タブでも同様の操作ができます。


寸法プロパティの変更

テキストプロパティと同様に、"寸法のプロパティ"を表示させておき作業を行います。
公差、桁数等の修正を行うことができます。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ