詳細図の作成:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



詳細図の作成

詳細図は、標準ビューのある一部分を拡大させることができますが、
以下の場合のときなどに有効です。

  • 標準ビューが細かく、見づらい場合
  • 寸法等の指示が載りきらない場合

ただし、CATIAで詳細図を作成するためには、元となる標準ビューを
あらかじめ作成していることが条件となります。

以下で、CATIAでの詳細図の作成方法を解説します。


詳細図の作成方法

  • ①拡大する部分が存在する標準ビューをアクティブにします。
  • ②"部分拡大図"アイコンを選択します。

枠の形は「矩形」か「丸枠」の2つが選択できます。
すると「点を選択またはクリックして中心を定義してください。
という内容のプロンプトが表示されます。


  • ③中心点を決定し、詳細図の中心となるポイントを選択します。
  • ④マウスを動かして、詳細図に含ませたい範囲が円の内側に入るようにし、
    クリックして詳細図の範囲を決めます。
    すると自動的にCATIAは詳細図を作成します。
  • ⑤マウスを動かして詳細図を配置するポイントを指定します。

すると詳細ビューがセットされます。


【詳細図の作成方法】


補足

次に、詳細ビューをセットする際の補足と注意点を述べておきます。


①CATIAのデフォルトの状態では詳細ビューは2:1の拡大率に設定されています。

この倍率を変更する場合には、仕様ツリーから右クリックでプロパティを開き、
"スケール"フィールドの倍率値を変更します。

プロパティウィンドウを閉じると自動的にCATIAが計算を行い、
設定した拡大率に応じた詳細図を作成します。


②詳細図の中心点を指定する際、"点へのスナップ"ツールがONになっていると、
所望のポイントが選択できないことがあります。

この場合には、"オプション"ツールのドラフティングを開き、
"点へのスナップ"をOFFにします。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ