補助投影図の作成:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



補助投影図の作成

標準図や断面図の他に、補助投影図という投影図があります。
CATIAでは断面図を作成する際と同様の手法で、容易に補助図を作成することができます。


補助投影図の作成方法

①補助投影図を作成する基となるビューをアクティブにします。

②メニューの"挿入"から"表示"→"投影"→"補助投影図"を選択します。


【補助投影図の選択】


③補助投影図に使用する位置を線で指示します。

始点をクリックした後、マウスを動かすと線が表示されるので、
終点となるポイントをクリックします。


【補助投影図の位置決め】


すると、補助投影図が表示され、マウスのポインタに連動して動きます。


④補助投影図を配置する場所を指定します。
これで補助投影図が作成されました。


作成された補助投影図には、投影図の名称が入り、補助投影図に使用したビューには、
断面図を作成した際と同様に断面線が表示されます。

補助投影図は元のデータと1:1の原寸表示です。


このように、断面図、拡大図、補助投影図はCATIAではほぼ同様の操作で
非常に容易に作成することができます。


クリッピングについて

このほか、クリッピングについても同様の操作で行うことができます。

クリッピング機能は、選択した範囲のみを表示させる事ができます。

この機能を効果的に使用することで、どの部分の補助投影図を示しているか等が
理解しやすくなるなど、様々な工夫を加えることができます。


もし③で所望のポイントを始点・終点として選択できない場合には、 スナップ機能がONになっています。

"ドラフティングワークベンチのカスタマイズ"項目を参照して スナップ機能をOFFにしましょう。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ