プロットアウト:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



プロットアウト

ここでは、作成した図面をプロットアウトする方法を説明します。


CATIAでは、1つの図面ファイルに複数のシートを作成することができます。

プロットアウトする際には、全てのシートをプロットアウトすることも、
1シートのみをプロットアウトすることもできます。


プロットアウトの手順

①メニューの"ファイル"から"ページ設定"を選択します。
すると"ダイアログボックス"が開きます。


【ページ設定画面】


②表示されている内容と異なる形式で打ち出す場合には
該当するフレーム/フィールドを設定します。

  • 標準・・・ANSI、ISO等の規格から選択します。
  • 形式・・・設定した規格で定められているフォーマットの中から所望の項目を選択します。
  • 方向・・・図面の印刷方向を縦か横から選択します。
  • 背景・・・表題等の背景を設定することができます。

背景の設定方法は後の章で説明しますので、そちらを参照してください。


③"OK"を押下し、ウィンドウを閉じます。

④メニューの"ファイル"から"印刷"を選択します。
すると"印刷"ウィンドウが表示されます。


【印刷画面】


⑤印刷に使用するプリンタを選択し、プロパティから調整を行います。

⑥図面の回転角度、配置、印刷エリア等を設定します。

⑦"プレビュー"から印刷状態を確認します。

⑧"OK"を押下して印刷を行います。


これで、プロットアウトされるので、できあがりを確認してください。


複数のシートがある場合、PDF出力する場合

図面に複数のシートが存在する場合は、以下の設定を行います。


④の"印刷"ウィンドウが表示されたところで、"複数ドキュメント"タブに切り替えます。

ここで、全シートを印刷するか、アクティブになっているシートのみ
印刷するか等の設定を行うことができます。


【複数ドキュメントタブ】


プロットアウトするのではなく、PDF等のファイルに書き出す場合、
④の"印刷"ウィンドウで、"ファイルへ出力"のチェックボックスをONにします。


【ファイルへの出力】


ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ