アノテーション:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



アノテーション

ここでは、図面にアノテーションを挿入する方法を説明します。

windowsベースのCATIAは、windowsで標準装備された文字タイプを使用可能であり、
ユーザーにとって非常に便利なツールでしょう。

しかし、図面をエクスポートした際の文字化けを避ける為に、
全角での英数文字は極力避けることをオススメします。


経験談ですが、全ての図面を"KANJ"というフォントを使用して作成し、
エクスポートして他のCADソフトで開いてみたら、全て文字化け・・・
結局図面の文字部分を全て書き直した過去があります。

図面をエクスポートする可能性がある場合には、使用するCADソフトに
共通して装備されているフォントを確認してから作成することをオススメします。


アノテーションには、単純にテキストを挿入するものから、
リーダー付きのもの、バルーンで表示するもの等様々なタイプがあります。

ここでは、単純なテキストの挿入方法を説明します。

他の機能についても、作成方法は殆ど変わりませんが、
リーダー付テキストに関しては、次章でさらに説明を行います。


テキストの挿入方法

①"注釈"ツールバーから"テキスト"を選択します。

②テキストを配置するポイントをポインタで指定します。
すると"テキスト編集"ダイアログボックスが開きます。

③ここに、挿入するテキストを打ち込みます。

④"OK"を押下します。


【アノテーションの作成方法】


図面にテキストが挿入されたことを確認してください。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ