寸法の挿入:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



寸法の挿入

CATIAの寸法ツールには、最も一般的な距離を示す寸法挿入の他、
座標値を示すことや交差も容易につけ加えることができます。

挿入の方法は殆ど同様の手法で入力できるので、
ここでは、長さ/距離寸法を挿入する方法を説明します。

なお、交差を記述する場合には、下記の設定を先に行っておいてください。


交差の挿入方法

  • ①"寸法のプロパティ"ツールバーを表示させます。
  • ②交差の記述形式を選択します。
  • ③交差値を選択します。
  • ④数値の記述形式を選択します。
  • ⑤精度を選択します。

以上で交差の設定は終了です。
この設定を行った後、寸法を挿入すると、自動的に交差も記述されます。


長さ/距離寸法の挿入方法

では、次に長さ/距離寸法を挿入する方法を示します。

  • ①"寸法を作成"ツールバーから"長さ/距離寸法"アイコンを選択します。
  • ②寸法を挿入したいエレメントを選択します。するとエレメントの長さが表示されます。
  • ③寸法の配置場所を指定します。

しかし、下図に示すように、直線BCの距離を挿入したいのに、
エレメントを選択すると直線ADの距離が表示されることがあります。


【寸法の挿入】


そういった場合には、下記の"挿入方法2"の方法を試してみてください。


長さ/距離寸法の挿入方法2

  • ①"寸法を作成"ツールバーから"長さ/距離寸法"アイコンを選択します。
  • ②直線BFをピックします。
    すると、直線BFの長さ寸法が表示されますが、これをいったん無視します。
  • ③直線CGをピックします。
    すると、直線BCの距離寸法が表示されます。
  • ④寸法の配置場所を指定します。


【直線BCの寸法】


これで、直線BCの距離が挿入されました。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ