表題の挿入:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



表題の挿入

図面を作成するに当たって、部品名称や部品番号等の情報を載せることは必要不可欠です。
ここでは、CATIA V5での表題の挿入方法を説明します。

表題を囲む枠や線は"形状を作成"ツールを使用して描きます。 このツールは、スケッチャーワークベンチ内にあるツールと同様の操作方法で使用できます。

よって、操作方法については、当サイトのスケッチャーワークベンチの各項目を参照してください。

ただし、スケッチャーワークベンチで作成したスケッチはスケッチャーワークベンチ内で有効であり、ドラフティングワークベンチに適用させることはできません。


またCATIAには、表題のサンプルがいくつか装備されており、
これを使用することで、より簡単に表題を作成できます。


サンプルの呼び出し方法

  • ①メニューの"編集"から"背景シートを編集"を選択します。
    選択すると、CATIAは背景を編集するための準備を整えます。
  • ①メニューの"挿入"を選択します。
  • ②プルダウンメニューから"図面"→"輪郭線と表題欄"を選択します。
    すると"輪郭線と表題欄の挿入"ダイアログボックスが開きます。


【輪郭線と表題欄画面】


  • ③"表題欄のスタイル"から適切な表題形式を選択します。
  • ④"処理"で"Creation"を選択します。
  • ⑤"適用"を押下し、表題の入った図面を確認します。
  • ⑤"OK"をクリックしてウィンドウを閉じます。
  • ⑥図面に表示された表題について、枠の大きさ、線の太さ等を調整します。
  • ⑦会社のロゴ等、他形式で保存されたデータがある場合は、これを取り込みます。
  • ⑧体裁を整えたら終了です。


【表題が挿入されたところ】


自分で線を作成する際、グリッド線やスナップ機能を使用するとより容易に作図できるでしょう。

このオプションの設定方法は"ドラフティングワークベンチのカスタマイズ"の章を参照してください。

ドラフティングワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ