座標系:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



座標系

ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで面を作る際には、
その面の形状を線で作成した後、面作成ツールにて面を作成します。

この面がCATIAのデフォルトで表示されている絶対座標系と同軸上で
作成できる場合は良いのですが、複雑な形状になるとそのような状況ではなくなります。

したがって、線や点を作成する場面に備えて、予め座標系を用意しておきましょう。


そして作成した座標系が仕様ツリーに表示されたら、その座標系に用途等の名前をつけます。

そうすることで、座標系を複数個作成した場合でも区別がつきますし、
次に作成する形状に、参照させる座標系をすぐに判別することができます。


座標系の作成~座標軸の方向が絶対座標軸と同じ場合~

①座標系の原点となるポイントに点を作成します。

詳細は、一つ前の"点"項目を参照してください。
ワークベンチ上に作成した点が出来上がります。


②メニューの"挿入"→"Create3DAxisSystem"を選択します。


【座標系の作成ツール】


すると"座標系を定義"ダイアログボックスが表示されます。


③原点として、先に作成した点を指定します。
④"OK"でウィンドウを閉じます。

仕様ツリーの"座標系"の1つ下の階層を確認して下さい。
座標系が作成されましたね。


【座標系が作成されたところ】


絶対座標系と角度を持った座標系を作成する場合には、
絶対軸との角度を明らかにしておくか、
座標系の方向を定義できるような線を予め用意する必要があります。


座標系の作成~座標軸の方向が絶対座標軸と異なる場合~

①座標系の原点となるポイントに点を作成します。

②X軸の方向を定義できる線を作成します。
つまり、これから作成する座標系のX軸の向きとなるような線を作成します。

③同様にY軸の方向を定義できる線、Z軸の方向を定義できる線を作成します。

④メニューの"挿入"→"Create3DAxisSystem"を選択します。
すると"座標系を定義"ダイアログボックスが表示されます。

⑤原点として、先に作成した点を指定します。
⑥"X軸"、"Y軸"、"Z軸"に②、③で作成した線を指定します。
⑦"OK"でウィンドウを閉じます。

座標系が作成されたことを確認してください。

ジェネレーティブシェイプデザイン

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ