面の作成方法:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



面の作成方法

これまで紹介してきた面の作成方法では、全て正方形の面を作ってきました。

距離を指定してそこからオフセットさせた面も、 3点を指定して作成した面も全て正方形でした。


しかし、CATIAでは、ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成したワイヤーフレームを使用して面を作成する方法があります。

この方法を使うことで、複雑形状のワイヤーフレームにも面を張ることができます。


面の作成

①メニューの"挿入"→"サーフェス"→"フィルサーフェス"ツールを選択します。


【フィルサーフェスツール】


すると、"フィルサーフェスを定義"ダイアログボックスが表示されます。


②作成する面の境界となるカーブを全て選択します。

選択すると"境界"フィールドに選択した線が列挙されます。
線が重なっている場合などは、このフィールドで線の名称を確認しながら選択していきましょう。


【フィルサーフェスの定義ウィンドウ】


③"プレビュー"ボタンでできあがり形状を確認します。
④"OK"でウィンドウを閉じます。

こうすることで複雑な形状の面も容易に作成することができます。


複雑な形状の面は、正方形の面を作成しておいてから、
"切り取り"や"ツール"を使用して変形させていくことでも同じ形状が得られます。

最終的なモデルの形状によって、どちらの方法が
より効率良く作成できるかを考えながらモデリングしていくと良いでしょう。


ちなみに、パート・デザインワークベンチで使用した面の作成ツールは、
ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチでも使用できます。

使用方法はパート・デザインワークベンチと同じですので、そちらを参照してください。

ジェネレーティブシェイプデザイン

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ