円形パターン:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



円形パターン

ここでは、CATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで
作成した形状を"円形パターン"ツールを使用して並べる方法を説明します。

このツールは、パート・デザインワークベンチにもあり、
ほぼ同様の操作方法で使用することができます。


円形パターンの作成方法

①メニューの"挿入"→"拡張複写ツール"→"円形パターン"を選択します。


【円形パターンツール】


②円形パターンを適用させるフィーチャーを選択します。
すると"円形パターンを定義"ダイアログボックスが表示されます。


③パラメータの種類を選択します。

  • インスタンスと角度間隔・・・インスタンスの数と、インスタンス同士の角度を指定します。
  • インスタンスと合計角度・・・インスタンスの数と、円をなす合計角度を指定します。
  • 角度間隔と合計角度・・・インスタンス同士がなす角度と、円をなす合計角度を指定します。
    ※インスタンス数は整数でなくてはならないので、角度間隔と合計角度の値は整合がとれてなくてはなりません
  • 完全なクラウン・・・インスタンスの数を指定することで完全なクラウンを作成します。

④"基準方向"を指定します。
ワークベンチ内の軸や直線を指定することもできますし、3Dコンパスで指定することもできます。

⑤"プレビュー"ボタンで出来上がり形状を確認します。
⑥"OK"ボタンでウィンドウを閉じます。


【円形パターンの作成】


この円形パターンツールを使用することで、
円形を作成すると同時に、フィーチャーに厚みをつけることができます。


"円形パターンを定義"ダイアログボックスが表示されたところで"クラウンを定義"タブに切換えます。

ここで"厚み"フィールドに厚みをつける値を指定することで、
フィーチャーに厚みをつけることができます。

ジェネレーティブシェイプデザイン

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ