厚みサーフェス:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



厚みサーフェス

厚みサーフェスは、ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成した
サーフェスに厚みをつけるツールです。

実際の操作は、厚みをつけると、充実の、つまりソリッド形状ができあがります。


これまで説明してきたCATIAのジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチでの
形状作成は、全て仕様ツリーではオープン・ボディに入っていましたが、
この厚みサーフェスはソリッド形状になるので、パート・ボディに属します。

つまり、この"厚みサーフェス"ツールは、パート・デザインワークベンチに存在するツールです。


該当するサーフェスを選択して厚みを入力するだけの非常に簡単なツールです。


厚みサーフェスの作成方法

①パート・デザインワークベンチに切換えます。

ワークベンチの切換え方法については、"ワークベンチの切り換え"項目を参照してください。
ワークベンチを切換えても、これまで作成したジオメトリの表示や仕様ツリーは変わりません。


②メニューから"挿入"→"サーフェスベースフィーチャー"→"厚みサーフェス"を選択します。


【厚みサーフェスツール】


③厚みをつけるサーフェスを選択します。
すると、"厚みサーフェスを定義"ダイアログボックスが表示されます。

④"第1オフセット"として、片側の厚みの値を入力します。
⑤"第2オフセット"として、片側の厚みの値を入力します。
⑥"プレビュー"ボタンでできあがり形状を確認します。
⑦"OK"でウィンドウを閉じます。

こうしてジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作成したサーフェスに
厚みをつけることができます。

この"厚みサーフェス"に関する履歴は、パーツ・ボディの階層に残ることになります。

さらにジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで作業を
続ける際には、再度ワークベンチを切換える必要があります。

ジェネレーティブシェイプデザイン

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ