形状、ボディの変更:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



形状、ボディの変更

ここでは、形状やボディの変更方法について説明します。

CATIAでは、モデリングの過程が履歴として全て残っています。
この履歴を残したまま形状を変更する機能があります。


モデルの変更例

以下に例を示します。


【モデルの変更例】


(a)のモデルは、3角形の面を作成し、
"円形パターン"ツールを使用してクラウンを形成しています。

(b)のモデルは、Rのついた3角形の面を作成し、
"円形パターン"ツールを使用してクラウンを形成しています。

つまり、(a)(b)では、初めに作成した3角形の面の形状が違っており、
その後の操作は同じということになります。


ここで、(a)を作成した後で、形状変更のため(b)の形状を作成することになった場合、
初めから作り直すのではなく、(a)のボディを(b)に変更することができます。


ボディの変更の操作方法

仕様ツリーの(a)の円形パターンをダブルクリックします。
すると"円形パターンを定義"ダイアログボックスが表示されます。

ここで、"パターン化オブジェクト"のフィールドにカーソルをあて、(b)のRがついた3角形を選択します。


【オブジェクトの変更】


以上で、(b)の形状を得ることができます。


次は、ボディの変更です。
"ボディを変更"ツールを使用することで、オープンボディを変更することができます。

例えば、仕様ツリーの"円形パターン"の右クリックで、"円形パターン オブジェクト"→"ボディを変更"を選択します。


【ボディの変更の選択】


すると"ボディを変更"ダイアログボックスが表示されます。

ここで、新しいオープンボディを選択します。


【ボディの変更】


すると、所望のオープンボディにボディを移動させることができます。

ジェネレーティブシェイプデザイン

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ