動作環境:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



動作環境

CATIA V5はWindowsベースで開発されており、Windows NTが使用可能です。


Windows NTで、右クリックした時のプルダウンメニュー(コピー、貼り付け等)が、
Winodwsで起動したCATIA内でも使用できるのです。

ショートカット入力([ctrl]+[c]や[ctrl]+[v]など)も使用可能で、
UNIXで使用する場合との大きな相違点がここにあります。


ショートカットキーの一覧

ここで、使用頻度が高いと思われるホットキーを以下に紹介します。

  • [CTRL]+Z:操作を元に戻す
  • [CTRL]+Y:操作を再実行
  • [CTRL]+S:現行ドキュメントの保存
  • [ALT]+[ENTER]:プロパティツール呼び出し
  • [F1]:ヘルプ画面の表示
  • [F3]:仕様ツリーの表示/非表示
  • [CTRL]+F:検索
  • [CTRL]+U:更新
  • [SHIFT]+F2:仕様の全体像
  • [SHIFT]+F1:「これは何ですか?」の呼び出し
  • [CTRL]+D:アセンブリデザインワークベンチの「高速インスタンス化」ツール
  • [CTRL]+E:アセンブリデザインワークベンチの「複数インスタンス化を定義」ツール
  • [Ctrl]+[C]:要素のコピー
  • [Ctrl]+[X]:要素の切り取り
  • [Ctrl]+[V]:要素の貼り付け
  • [Ctrl]+[Tab]:複数ファイルの切り替え

また、自分で独自のショートカットキーを設定することも可能です。


CATIAに適した動作環境

最新バージョンであるR19に適したOSは、
AIX/HP-UX/Solaris/Windows XP Professionalです。


WINDOWS XPを使用する場合の推奨環境を以下に列記しておきます。

  • HDD:4GB以上
  • メモリ;256MB以上
  • ディスプレイ;1024 x 768以上
  • ポインティングデバイス;3ボタン付マウス

その他、細かい動作環境については、ダッソーシステムズのホームページをご覧下さい。

はじめに

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


このカテゴリの記事一覧
CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ