起動から終了まで:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



起動から終了まで

ここでは、CATIA V5を立ち上げてから終了するまでの一連の流れを追います。
ごくごく初歩の基本操作ではありますが、CATIA初心者の方はご参考下さい。


起動方法

起動のさせ方は、下記のいずれかの方法で行うことができます。


①デスクトップのアイコンから起動
デスクトップに、下図のようなアイコンがある場合、これを開きます。


【CATIAのアイコン】


②スタートメニュー
"スタート" → "すべてのプログラム" → "CATIA V5"

しばらくすると、CATIAのロゴが表示されます。
さらにしばらくすると、プロダクト・ストラクチャーワークベンチが開きます。

ここから所望のワークベンチへ行き、作業を始めることになります。


保存方法

①自動保存
CATIAには"定期的に自動保存"という機能があります。
これをONにしておくと設定した時間毎に自動で保存を行ってくれます。

CATIAが落ちた際には、データを復旧することができ有用性もありますが、
一方でメモリを大量に消費している場合には自動保存できないことがあります。

保存中は、CATIAの動作が遅くなる、といったデメリットもありますから、
モデリングする際の環境に合わせてON/OFFを設定するのが良いでしょう。


自動保存の設定方法は、下記の方法でできます。


【自動保存の設定方法】

メニューの"ツール"→"オプション"→"一般"
→"一般"タブ→"定期的に保存"にチェック→保存する時間間隔を入力設定する


ただし、自動保存の設定していても自動保存に失敗することもあるので、
安心せずに自らこまめに保存するよう心がけましょう。


②手動保存
作業をしていく中で随時保存を行ったり、CATIAを終了させる際に保存作業を行います。

これは・・・

  • "ファイル" → "保存"
  • "ファイル" → "名前をつけて保存"

上記のいずれかの方法で行います。


終了方法

ファイルが保存されたことを確認したらCATIAを閉じます。

閉じる方法は、一般的なパソコンの操作方法と同様で・・・

  • "ファイル"→"閉じる"
  • ウィンドウの右上にある×ボタンをクリック

等で閉じることができます。

基本操作

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ