選択:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



選択

選択ツールを利用することで、オブジェクトを選択することができます。

CATIAの選択ツールには5つのツールがあり、
選択方法や選択トラップの種類を選ぶことができます。

ここでは、効率よく所望のオブジェクトをピックできるよう
使用頻度の高い3つのツールを紹介していきます。


選択

選択ツールでは、ダイレクトにエンティティを選択することができます。

選択したいエンティティの上にポインタを移動させ、ピックすることで選択できます。
複数のエンティティを選択したい場合には、[ctrl]キーを押下した状態でピックします。


選択トラップ

次に、選択トラップの使い方を紹介します。



【選択トラップの仕様】

①まず、"選択トラップ"ツールを選びます。

②MB1を押下した状態でマウスをドラッグします。
ドラッグした時に、囲い線が現れます。
この囲い線の内側に完全に入っているオブジェクトがピックされることになります。

③したがって、ピックしたいオブジェクトが囲い線の内側に入るよう、
ドラッグ量を調節します。

④マウスを放します。

囲い線の内側にあるオブジェクトがハイライト表示されていることを確認してください。
図の場合には、点8のみ選択されたことになります。


交差トラップ

最後にに、交差トラップの使い方を紹介します。



【交差トラップの仕様】


①まず、"交差トラップ"ツールを選びます。

②MB1を押下した状態でマウスをドラッグします。

ドラッグした時に、囲い線が現れます。
この囲い線と交差している、または囲いの内側にあるオブジェクトがピックされることになります。

③したがって、ピックしたいオブジェクトが
囲い線の内側もしくは交差するよう、ドラッグ量を調節します。

④マウスを放します。
所望のオブジェクトがハイライト表示されていることを確認してください。

基本メニューとツール

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ