表示ツール:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



表示ツール

CATIAには、この表示ツールを使用することで、画面上の表示モードから
モデルの表示モードまで、表示に関する様々なツールがそろっています。


【ビューツール】


①フライモード
フライモードを使用することで、表示モードをより自由に操作でき、
作成したモデルの検証等がし易くなります。

  • 頭回転・・・指定したポイントを中心に回転させることができます。
  • フライ・・・モデルをマウスを使用して自由に動かすことができます。
  • 加速/減速・・・ナビゲーションの動き速度を調整します。

②全表示
ワークベンチ上にあるパーツが全て表示されるよう
最適な位置にスクリーンが移動、拡大・縮小します。

③パニング
スクリーン上のパーツを移動させます。
と言っても、xyz位置を変えるのではなくスクリーン上で動かすツールです。

④回転
3次元的にパーツを回転させます。
この場合もパニング同様、xyz位置は変わりません。

⑤拡大
スクリーン上のパーツを拡大表示します。

⑥縮小
スクリーン上のパーツを縮小表示します。

⑦垂直ビュー
平面に垂直なビューで表示します。
アイコンを選択した後、平面を選択することで、平面に垂直なビューが表示されます。

⑧クイックビュー
正面図、背面図、アイソメ図等を表示します。

⑨ビュー
エッジと非表示エッジ付きのシェーディング、隠線除去等の見え方を選択します。

⑩非表示/表示
選択したエンティティを非表示スペースに飛ばします。

⑪表示スペースをスワップ
表示スペースと非表示スペースをスワップします。

基本メニューとツール

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ