カスタムビューツール:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



カスタムビューツール

CATIAの表示ツールの中に、"カスタマイズされたビュー パラメータを適用"ツールがあります。

これは、作成したモデルに、材料等のパラメータを定義、
カスタマイズさせた状態でモデルを表示するツールです。


比較のために、下図に示すモデルを様々な表示ツールを使用して紹介していきます。
※下図のモデルは、材料に"スポンジ"を適用させています。


【ビューツールの違い】


①ワイヤーフレーム
これは、ワイヤーフレームのみの表示です。
ソリッド、シェーディングはの表示はありません。

②動的隠線消去
ワイヤーフレームに隠線を除去した状態で表示されます。

③シェーディング
シェーディング表示です。エッジを表示しません。

④エッジ付きのシェーディング
エッジが表示された状態のシェーディング表示です。

⑤エッジと非表示エッジ付きのシェーディング
エッジ付きのシェーディング表示に加え、隠線も表示された状態の表示です。

⑥カスタマイズされたビュー パラメータを適用
予め定義されているパラメータを適用した状態のモデルが表示されます。
※今回は、材料にスポンジを選択してありますので、スポンジに定義されているパラメータを使用した表示になっています。


材料を適用したさせ、表示することで、よりリアルに見ることができ、
例えばプレゼンテーション等の説明に画像を使用する場合にも、
より理解を得やすくなるでしょう。

材料をモデルに適用させる方法は後で説明しますので、そちらを参照してください。


以上のように、モデルの表示の仕方には様々な方法があります。
隠線表示等も効果的に使用し、背面の形状を確認しながらモデルを作成しましょう。

基本メニューとツール

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ