ツール:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ツール

ここでは、"ツール"というツールバーに存在するツールの紹介をしていきます。
CATIAのワークベンチによって、ここに入っているツールは異なります。

①すべて更新
形状や、高さ等の変更を行い、エンティティが更新された場合、
モデルやファイル全体の更新が必要となります。

多くは拘束条件を変更した場合に拘束が必要になります。

更新が必要になると、このアイコンが表示されます。
つまり、通常このアイコンは消えている状態です。

パートやアセンブリを変更したにも関わらず、モデルにその変更が反映されてない場合は、
このアイコンが選択できる状態になっていないか確認してください。

②Create 3D Axis System
3D軸を新たに作成するツールです。
座標系のタイプを選択し、x、y、z軸を作成します。

●座標系のタイプ:標準を選択した場合
原点の他、x,y,z軸となる線を指定します。

●座標系のタイプ:座標軸の回転を選択した場合
原点と基準となる軸を指定した後、回転させる角度を指定します。

●座標系のタイプ:オイラー角を選択した場合
原点の他、座標軸を回転させる角度を指定します。


③平均寸法
エンティティに交差を定義している場合に有効なツールです。

④データムを作成
データムフィーチャーを作成します。
1回のクリックでは、1つのフィーチャーを作成します。
ダブルクリックで全てのフィーチャーを作成します。

⑤操作対象の現行ソリッドのみ
パートの作成過程を振り返るために、パートには常に履歴が残るようになっていますが、
この履歴を非活動状態にします。

⑥カタログを開く
ユーザ定義のスペックカタログを開きます。

基本メニューとツール

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ