パートデザインワークベンチ:CATIA V5使い方講座

「パートデザインワークベンチ」の記事一覧

「CATIA V5使い方講座」の「パートデザインワークベンチ」のカテゴリ記事リストです。

パートデザイン・ワークベンチの概要

CATIAのスケッチャー・ワークベンチで作成したプロファイルを使用して形状作成するワークベンチであるパートデザイン・ワークベンチをご紹介します。

パートデザイン・ワークベンチの概要の全文を読む

押し出し

パッドの基本操作を説明します。パッドを選択することで、プロファイルを押し出すことが出来るようになります。また、押し出しをする時の注意点についても、説明します。

押し出しの全文を読む

フィレット

3D形状のモデルにフィレットをかける基本操作方法を説明します。また、フィレットの操作上の注意点についても触れます。

フィレットの全文を読む

フィレット(応用編)

CATIAに装備されているフィレットの派生ツールとして、除変フィレット、フェースフェースフィレット、3接フィレットの3つの操作方法を解説します。

フィレット(応用編)の全文を読む

ドラフト角度

ドラフト角度ツールを使えば、角度をつけて抜くことができます。ここでは、基本的なドラフト角度の操作方法と、パッドと同時にドラフトを行う方法を紹介します。

ドラフト角度の全文を読む

CATIAで、既存形状に穴を空ける方法として、穴ツールの操作方法を解説します。ポケットでも、既存形状に穴をあけられますが、用途が明確になるようなネジ穴の場合には穴ツールを使用した方が良いです。

穴の全文を読む

穴~穴形状を指定する~

CATIAの穴ツールに装備されている穴形状の種類を紹介します。単純な穴から、テーパ、座ぐり、皿穴、ドリルなどの形状を作成することが出来ます。

穴~穴形状を指定する~の全文を読む

修正

CATIAのパートデザインワークベンチにおいて、形状の修正方法と寸法の修正方法について、具体的な操作方法を解説します。

修正の全文を読む

平行移動

CATIAで形状を移動させる方法として、移動ツールを使用してパートの座標値を変更する方法を説明します。

平行移動の全文を読む

回転移動

形状を回転移動させる操作方法について解説しますが、ここでは、ツールを使用してパートの絶対座標位置を変更するやり方を紹介します。

回転移動の全文を読む

長方形パターン

長方形パターンは、形状を格子状に並べるツールで、同じ材質の同じ用途のパートを複数作成する場合に使います。ここでは、その長方形パターンの操作方法を解説します。

長方形パターンの全文を読む

ミラーリングと対称移動

CATIAのミラーリングと対称移動の操作方法を示します。なお、ミラーリングをした際は、二つのパートが存在するように見えますが、仕様ツリー上は1つのパートとして表示され、マテリアルの定義も同じマテリアルを適用させることになるので、注意下さい。

ミラーリングと対称移動の全文を読む

スケーリング

スケーリングを使用してパートのサイズを変更する方法を説明します。ここでは、拡大・縮小率を指定して形状変更する方法を紹介します。

スケーリングの全文を読む

マテリアルの適用

CATIA v5でのマテリアルの適用方法を解説します。作成した3Dモデルにマテリアルを適用させることで、よりリアルにモデルを表示させることができるとともに、密度やヤング率を付与すれば、その状態での重量や体積を求めることができます。

マテリアルの適用の全文を読む

履歴

CATIAにおいて、走査ツールを使用して部品の履歴を探る方法を解説します。

履歴の全文を読む

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ