パートデザイン・ワークベンチの概要:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



パートデザイン・ワークベンチの概要

パートデザイン・ワークベンチは、CATIAのスケッチャー・ワークベンチで作成した
プロファイルを使用して形状作成するワークベンチです。


【パートデザイン・ワークベンチ】


ここでは、パートデザイン・ワークベンチで使用できるツールとその概要を紹介していきます。


パートデザイン・ワークベンチで使用できるツール

①スケッチャー

これはすでに説明済みですね。
CATIAのスケッチャー・ワークベンチにアクセスするためのツールです。


②スケッチャー・ベース・フィーチャー

  • シャフト・・・軸周りに指定した角度だけ回転させるツールです。
  • 溝・・・CATIAのパートデザイン・ワークベンチを使用して作成した既に出来上がっている形状に
    プロファイルを軸周りに指定した角度だけ回転させ溝を作成します。
  • 穴・・・既に出来上がっている形状に穴を追加します。
  • リブ・・・プロファイルを中心線に沿ってスイープさせ、リブを作成します。
  • スロット・・・プロファイルを中心線に沿ってスイープさせ、スロットを作成します。
  • 補強材・・・プロファイルに対して2方向もしくは3方向を指定して押し出し補強材を作成します。
  • ロフト・・・ロフトを作成します。できあがるロフトはソリッドモデルです。
  • ロフト除去・・・断面曲線、ガイド曲線、終了点を選択してロフトを除去します。
  • パッド・・・プロファイルを押し出します。
  • ポケット・・・形状にポケットを作成します。

③変換フィーチャー

  • スケール・・・ボディーを拡大/縮小します。基準となる点、フェース、平面を必要とします。
  • 平行移動・・・ボディーを平行移動します。
  • 長方形パターン・・・フィーチャーを繰り返し、長方形のパターンに並べます。
  • ミラーリング・・・ボディーをミラーリングします。中心となるフェースまたは平面が必要となります。

④ドレスアップフィーチャー

  • エッジフィレット・・・エッジにフィレットをかけます。
  • 面取り・・・エッジからマテリアルを除去/追加し、面取りを行います。
  • ドラフト角度・・・指定した角度でドラフトを作成します。
  • シェル・・・ボディに厚みを加えます。
  • 厚み・・・ボディに厚みを追加/除去します。
  • ねじ切り/タップ・・・ねじ切りやタップを作成します。

⑤注釈

  • 引出線付きテキスト・・・引出線付きのアノテーションを作成します。
  • 引出線付きフラグノート・・・引出線にフラグノートが付いたアノテーションを作成します。

⑥拘束

スケッチャーワークベンチで説明した拘束ツールとほぼ同じです。

ただし、スケッチャーワークベンチで使用した拘束ツールは、
スケッチャーワークベンチ内でのみ有効であり、同様に、パートデザイン・ワークベンチで
作成した拘束は、パートデザイン・ワークベンチでのみ有効なのです。


⑦サーフェスベースフィーチャー

  • 分割・・・ボディーを分割します。分割するためのフェース、平面、サーフェスが必要となります。
  • 厚みサーフェス・・・厚みサーフェスを作成します。2つの厚みが必要となります。
  • サーフェスを閉じる・・・開いているサーフェスを閉じます。
  • サーフェスをソーイング・・・サーフェスを縫合します。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ