押し出し:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



押し出し

押し出しツールは、プロファイルを押し出すツールです。
ここでは、パッドの基本操作を説明します。


押し出しの作成

  • ①"パッド"アイコンを選択します。
  • ②押し出すプロファイルを選択します。
    "プロファイル/サーフェス"の"選択"のところにプロファイル名が入ります。
  • ③"最初の境界"の"タイプ"でどこまで押し出すかをプルダウンメニューから指定します。
  • [寸法]・・・長さを指定します。
  • [次まで]・・・フィーチャーを指定します。
  • [最後まで]・・・フィーチャーを指定します。
  • [平面まで]・・・平面を指定します。
  • [サーフェスまで]・・・サーフェスを指定します。

  • ④"プレビュー"でできあがり形状を確認します。
  • ⑤"OK"で閉じます。


【パッド作成】


押し出しをする時の注意点

プロファイルは複数個あっても良いのですが、互いに交差していないことが条件です。

下図(a)のようにスケッチしたプロファイルを押し出すと、
(b)のように穴のあいた形状ができあがります。


【複数プロファイルのパッド作成】


ただし、穴形状は別部品としてフィーチャー作成し、裏形状として後で抜くことをお勧めします。
仕様ツリーが理解しやすく、修正等の後戻りもしやすくなります。


また、どこまで押し出すかを指定する"タイプ"のところで"平面まで"を指定した場合、
基準エレメントの平面を選択するようにすることをお勧めします。


作成したフィーチャーの平面を選択すると、
後に修正が入った際他部品にも影響が及ぶので複雑になることがあります。

詳細は、"基準要素の変更に追従するモデリング"の項目で説明しているので参照してください。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ