フィレット:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



フィレット

ここでは、3D形状のモデルにフィレットをかける基本操作方法を説明します。


フィレットの操作方法

  • ①フィレットをかけるエッジを選択します。
  • ②"エッジフィレット"アイコンを選択します。
    すると"エッジフィレットを定義"ダイアログボックスが開きます。
  • ③"半径"の入力ボックスにフィレットをかける半径値を入力します。
  • ④"プレビュー"ボタンを押下して、できあがり形状を確認します。
  • ⑤"OK"を押下して閉じます。


【フィレットの操作方法】


これで3D形状にフィレットがかかります。


フィレットの操作上の注意点

フィレットは、CATIAでの操作方法は非常に簡単な一方で、
扱いに注意しなければならない点があります。


その理由は、

  • ①フィレットをかける順番によってできあがり形状が異なることがある
  • ②形状変更した際にフィレットがエラーとなることがある

ためです。


少し説明を加えましょう。


①同じ場所(複数箇所)に、同じ半径のフィレットを作る場合でも、
フィレットをかける順番によって、できあがる形状が異なってしまうのです。

CATIAには"伝播"というオプションがあり、これを使用するか否かで結果形状が変わるため、
所望の形状が得られない場合には、ダイアログボックスを再度開き、
"伝播"にチェックを入れるなど工夫が必要です。


②形状変更により、フィレットに指定していたエッジが無くなった場合、
"診断を更新"ダイアログボックスが現れ、認識されないエレメントが列挙されます。


【エラー表示例】


今後不要なフィレットであれば、削除して構いません。
必要な箇所である場合、いったん"閉じる"を押下し、形状変更等の適切な処理を行います。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ