ドラフト角度:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ドラフト角度

ドラフト角度のツールは指定した方向に沿って、角度をつけて抜くツールです。

ここでは基本的なドラフト角度の操作方法と、
CATIAで使用できるパッドと同時にドラフトを行う方法も紹介します。


基本ドラフト

下図に例として形状を1つ提示します。
(b)に示す形状ができあがり形状とします。

(a)は、6角形のプロファイルをパッドツールで押し出した形状ですが、
まず、基本ドラフトでは(a)の形状から(b)を作成します。


【ドラフト角度の例】


  • ①"ドラフト角度"アイコンを選択する。
    "ドラフトを定義"ダイアログボックスが現れます。
  • ②ドラフト処理するフェースを選択します。
    選択されたフェースが赤色で表示されます。
  • "基準エレメント"フレームの"選択"フィールドでドラフトする位置を指定します。
  • ④"角度"フィールドにドラフトする角度を入力します。
  • ⑤"プレビュー"ボタンをクリックして、できあがり形状を確認します。
  • ⑥"OK"をクリックして閉じます。


【基本ドラフトの操作方法】


以上が、基本ドラフトの方法です。
続いて、応用ドラフトの方法を解説します。


応用ドラフト

CATIAでは、ドラフト、フィレット、パッドを1回の操作で行う方法があります。


  • ①"ドラフトとフィレット パッド"アイコンを選択します。
    "ドラフトフィレット処理されるパッドを定義"ダイアログボックスが現れます。
  • ②押し出すプロファイルを選択します。
  • ③"最初の境界"フレームの"長さ"フィールドに長さを入力します。
  • ④"2番目の境界"フレームで境界を指定します。
  • ⑤"ドラフト"フレームの"角度"にドラフトする角度を入力します。
  • ⑥どのエレメントを基準に角度をつけるか"最初の境界"か"2番目の境界"から選択します。
  • ⑦フィレットの定義をします。
    "横方向半径"、"最初の境界の半径"、"2番目の境界の半径"をそれぞれ設定します。
  • ⑧"プレビュー"ボタンをクリックして、できあがり形状を確認します。
  • ⑨"OK"をクリックして閉じます。


【パッド、ドラフト、フィレットを同時に行った例】


尚、このツールではドラフトツールとフィレットツールは使用しないという選択ができます。

ドラフトが不要な場合、"ドラフトとフィレット処理されるパッドを定義"ダイアログボックスで
"ドラフト"フレームの"角度"のチェックを外し、フィレットが不要な場合には、
"フィレット"フレームの3つ全てのフィールドのチェックを外します。


このツールを使用すれば、モデリングした後に修正が入り、
ドラフトやフィレットが不要になった場合でも、パッドからやり直す手間が省けます。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ