穴:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ここでは、既存形状に穴を空ける方法を紹介します。

"ポケット"ツールも、既存形状に穴をあけるツールですが、
CATIAでは"ポケット"と""とは以下のように区別します。

  • ポケット・・・任意のプロファイルを既存形状から抜きます。。
  • 穴・・・半径を指定した円を既存形状から抜きます。
    テーパ、座ぐり、皿穴、皿もみ等のネジ穴形状を作成することができます。

よって、円形のプロファイルを"ポケット"ツールで抜いても、
""ツールの"単純"を使用して抜いても同じ結果が得られます。


ただし、用途が明確になるようネジ穴の場合には
""ツールを使用して形状作成する方が良いでしょう。

CATIAでは仕様ツリーによって、使用したツールが明確になります。
的確なツールで形状を作成しておけば、その形状の用途がわかりやすくなるのです。


穴ツールの操作方法

では、以下から""ツールの操作方法を説明していきます。


  • ①""ツールを選択します。
  • ②穴を空けるフェースを選択します。
    すると"穴を定義"ダイアログボックスが現れます。
  • ③穴をどこまで空けるか指定します。
  • ブラインド・・・指定した深さまで抜きます。
  • 次まで・・・次のエレメントまでを抜きます。
  • 最後まで・・・ボディーを完全に貫通します。
  • 平面まで・・・指定した平面まで抜きます。
  • サーフェスまで・・・指定したサーフェスまで抜きます。

  • ④穴の直径を指定します。
  • ⑤"プレビュー"ボタンを押下して、できあがり形状を確認します。
  • ⑥"OK"ボタンを押下して閉じます。


【穴形状の作成】


正しい位置に穴形状をするためには、拘束ツールで寸法を拘束します。


仕様ツリーから、穴形状の下にぶら下がっているスケッチをダブルクリックします。
すると、スケッチャー・ワークベンチに入ります。

そこで、寸法拘束ツールを使用して、
所望の位置に穴形状が作成できるよう中心点の位置を拘束します。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ