平行移動:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



平行移動

"平行移動"ツールを使用することで、形状を任意の位置に平行移動させることができます。


CATIAは形状を移動させる方法として大きく2つの方法があります。

1つ目は、絶対座標に対して形状を移動させる方法で、
2つ目は、移動ツールを使用して画面表示を移動させる方法です。

この方法については先に説明済みですので、
ここでは、移動ツールを使用してパートの座標値を変更する方法を説明します。


移動ツールを使用してパートの座標値を変更する方法

CATIAの"平行移動"ツールは履歴に残るので、
後で移動量を確認したり、移動量を変更することができます。


  • ①"変換フィーチャー"ツールバーから"平行移動"アイコンを選択します。

もしこのツールバーが表示されていない場合には、メニューの"挿入"
→プロダウンメニューの"変換フィーチャー"→"平行移動"で選択することもできます。

選択すると、"平行移動を定義"ダイアログボックスが開きます。


  • ②"ベクトルを定義"フィールドでベクトル定義の方法を選択します。
  • 方向、距離・・・方向と距離から形状の移動量を指定します。
  • 点-点・・・移動始点と終点の2点を指定して移動させます。
  • Coodinates・・・座標値を指定して移動させます。

何を選択したかによって、そのフィールド以下に適切なフィールドが現れます。
ここで方向、距離、座標値等を指定して、所望の移動先に移動できるようにします。

尚、方向指定では、軸の他に形状のエッジをピックすることができます。


  • ③"OK"ボタンを押下してウィンドウを閉じます。


【平行移動の手順】


所望の位置に形状が移動していることを確認してください。

パートデザインワークベンチ

<<修正|回転移動>>

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ