回転移動:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



回転移動

ここでは形状を回転移動させる操作方法について説明します。
CATIAは形状を回転移動させる方法として大きく2つの方法があります。

1つ目は、絶対座標に対して形状を回転移動させます。
2つ目は、回転ツールを使用して画面表示を変える方法です。

この方法については、先に説明済みですので、ここでは、
"回転移動"ツールを使用してパートの絶対座標位置を変更する方法を説明します。


回転移動でパートの絶対座標位置を変更する方法

  • ①"変換フィーチャー"の"回転移動"アイコンを選択します。
    すると"回転移動を定義"ダイアログボックスが開きます。
  • ②回転軸を指定します。座標軸の他、形状のエッジを選択することも可能です。
  • ③"角度"フィールドで回転角度を指定します。
  • ④"OK"ボタンを押下してウィンドウを閉じます。


【回転移動の手順】


形状が指定した軸周りに回転移動していることを確認してください。


形状をオリジナルの位置に残したい場合

次に、形状をオリジナルの位置に残したい場合について説明します。


CATIAでは、上記の回転移動ツールを実行すると元形状が回転するので、
オリジナルの位置にいるパートはなくなります。

もし、オリジナルの位置にパートを残したい場合には、
以下の2通りのいずれかの方法を行います。


【"円形パターン"ツールを使用して回転移動】

  • ①"変換フィーチャー"の"回転移動"アイコンを選択します。
  • ②開いたダイアログボックスでインスタンスと角度を設定します。
  • ③"プレビュー"ボタンでできあがり形状を確認します。
  • ④"OK"ボタンでウィンドウを閉じます。

【コピー&ペーストを使用した後で片方のフィーチャーを回転移動】

メニューの"編集"から"コピー"と"貼り付け"を使用してパートを増やします。
増やしたパートを"回転移動"ツールを使用して回転移動させます。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ