長方形パターン:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



長方形パターン

このツールは、形状を格子状に並べるツールです。
同じ材質の同じ用途のパートを複数作成する場合に便利なツールです。


異なる材質や用途のパートの作成に避けた方が良い理由は以下です。

CATIAには仕様ツリーがあります。
仕様ツリーには、材質も表示されますし、後工程で見る人がわかり易いよう
作成したパートの用途を形状の名前に加えることもあります。

長方形パターンで複数形状を作成しても、もとは1つの形状ですから、
材質は全てのパターンに適用されてしまいますし、
CATIAの仕様ツリー名にも1つしか付けることができません。

したがって、同じ材質の同じ用途のパートを複数作成する場合に便利なツールなのです。


長方形パターンの操作方法

では、操作方法の説明に入ります。

  • ①"長方形パターン"を選択します。

すると"長方形パターンを定義"ダイアログボックスが開きます。
格子状に設定することができるツールですので、方向別にタブが分かれています。
まず第1方向から指定します。

  • ②"パラメータ"フィールドで形状配置の指定方法を選択します。
  • インスタンスと間隔・・・この方向に作成する数と間隔を指定します。
  • インスタンスと長さ・・・この方向に作成する数と全体の長さを指定します。
  • 間隔と長さ・・・この方向に作成する間隔と全体の長さを指定します。

ここで何を選択したかによって、このフィールド以下に適切なフィールドが表示されます。
数、間隔、長さ等を指定し所望の形状になるようにします。


  • ③方向を指定します。
    "基準方向"フレームの"基準エレメント"フィールドでエンティティや軸を指定します。
  • ④"第2の方向"タブに切り替え、上記②、③を行います。
  • ⑤"プレビュー"ボタンを押下して出来上がり形状を確認します。
  • ⑥"OK"を押下してウィンドウを閉じます。


【長方形パターンの手順】


所望の形状が出来上がっていることを確認してください。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ