ミラーリングと対称移動:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ミラーリングと対称移動

CATIAの対称移動ツールは、選択した形状を基準を使用して反転させるツールです。
まず、下記に対称移動の操作方法を示します。


対称移動

  • ①対称移動する形状に作業オブジェクトを設定します。
  • ②"対称移動"ツールを選択します。
    すると"対象移動を定義"ダイアログボックスが開きます。
  • ③基準となる点、直線、平面を指定します。
    すると、プレビューとしてできあがり形状が表示されます。
  • ④"OK"を押下してウィンドウを閉じます。


【対称移動の手順】


次に、ミラーリングの操作方法について解説します。


ミラーリング

CATIAの"対称移動"は、オリジナルデータを移動させるのに対し、
"ミラーリング"は、オリジナルデータを残すことができます。


  • ①ミラーリングする形状に作業オブジェクトを設定します。
  • ②"ミラーリング"アイコンを選択します。
  • ③ミラーリングするためのフェース又は平面を指定します。
    すると"ミラーリングを定義"ダイアログボックスが開きます。
    また、プレビューとしてできあがり形状が表示されます。
  • ④"OK"を押下してウィンドウを閉じます。


【ミラーリングの手順】


ここで、見た目は2つのパーツが出来上がりますが、
元は1つのパートのため、仕様ツリー上も1つのパートとして表示されます。

よってマテリアルの定義では、同じマテリアルを適用させることになります。


以上より、CATIAでは、別パートとして対称移動したパートが必要な際には、
そのまま"ミラーリング"や"対称移動"ツールを使用するのではなく、
いったんパートをコピーした後で、対象移動させる必要があります。

対称移動は、オリジナルデータが残らないことにも注意してください。
しかし、基準として、平面だけでなく、点や直線が選択できるので非常に便利なツールです。

パートデザインワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ