プロダクト・ストラクチャーワークベンチの概要:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



プロダクト・ストラクチャーワークベンチの概要

プロダクト・ストラクチャーワークベンチは、
複数の部品を1つのアセンブリに組み込む作業ができるワークベンチです。

デフォルトの設定では、CATIAを起動した際、このワークベンチが立ち上がっています。


【一般的なプロダクトストラクチャーワークベンチ】


以下で、プロダクト・ストラクチャーワークベンチで使用できる
主なツールを紹介していきます。


プロダクト・ストラクチャーワークベンチで使用できる主なツール

①プロダクト・ストラクチャーツールバー

  • 新規構成要素・・・新規の構成要素を挿入します。
  • 新規プロダクト・・・新規のプロダクトを挿入します。
  • 新規パーツ・・・新規のパートを挿入します。
  • 既存構成要素・・・既に作成済みの構成要素を挿入します。
    既存のファイルを指定することで、子部品として組み込むことができます。
  • ツリーをリオーダ・・・プロダクトの順番を変更します。
  • 構成要素を置換・・・構成要素を配置しなおします。
  • ロード・・・ファイルを読み込みます。
  • ナンバリングを定義・・・構成要素にナンバを作成します。

②リプレゼンテーションツールバー

  • モデルを管理・・・構成要素のモデルを管理します。
  • 設計モード・・・選択した構成要素を設計モードに切換えます。
  • 表示モード・・・表示モードに切換えます。
  • ノードを活動化・・・シェイプ表現を活動化します。
  • ノードを非活動化・・・シェイプ表現を非活動化します。

③リソースツールバー

  • リソースを作成・・・選択したASMPRODUCTからリソースを作成します。
  • リソースを活動化・・・既存のリソースを活動化します。
  • リソースを非活動化・・・既存のリソースを非活動化します。

プロダクトストラクチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ