構成要素の挿入:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



構成要素の挿入

ここでは、プロダクト・ストラクチャワークベンチ内で構成要素や部品の作成方法を説明します。

プロダクト・ストラクチャワークベンチは、
デフォルト状態では仕様ツリーに"プロダクト"が一つ存在しています。

この"プロダクト"に構成要素を組み込んでいくことになります。

先に紹介済みですが、ここから新規で構成要素を作成することも可能ですし、
既存のパートを組み込むこともできます。


プロダクトに構成要素、プロダクト、パートを挿入する方法

プロダクトの子部品には、構成要素、プロダクト、パートを挿入することができます。

いずれも操作方法は変わらず、仕様ツリーの"プロダクト"にマウスのポインタを持っていきます。

ハイライト表示になったところで、右クリックをします。
表示されたメニューから"構成要素"→挿入する項目を選択します。
操作はたったのこれだけです。


新規パートのツリーをひらくと、"パーツボディ"が開きます。

作成した構成要素、プロダクトにさらに構成要素、プロダクト、パートを
挿入する場合には、上記の操作を行うことで挿入できます。


また、作成した構成要素、プロダクト、パートに実際に形状を作成していくには、
各々のワークベンチに移動必要があります。

構成要素をアクティブにした状態で、ジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチに
移動すると、この構成要素内にジェネレーティブ・シェイプ・デザインワークベンチで
作成した形状が格納されます。


【仕様ツリーの構成】


再び、プロダクト・ストラクチャーワークベンチに戻る場合には、
構成要素を右クリックし、"編集"を選択します。

するとワークベンチが移動し、プロダクトストラクチャーのツールが表示されます。

プロダクトストラクチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ