ブール演算:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



ブール演算

以前にCATIAのモデリング方法として、体裁面側と裏側の形状を別々に作成し、
アセンブルする方法を説明しました。

ここでは、実際に体裁面側形状から裏側形状を抜く作業の方法を説明します。


例として、下記の形状を使用します。
円柱の体裁面形状から裏側形状をひきます。


【ブール演算の例】


仕様ツリーを見ると、体裁面形状、裏側形状をパートごとに作成しています。

ブール演算は、パート・デザインワークベンチで使用可能なツールですが、
まずは部品を1つのアセンブリに組みましょう。


アセンブリ方法~差~

①裏側形状を作業オブジェクトととして設定します。

仕様ツリーの該当パートにマウスのポインタをあて、
ハイライトになったところで右クリックします。
"作業オブジェクトとして設定"を選択します。

②メニューの"ツール"→"ブール演算"→""を選択します。
すると、""ダイアログボックスが表示されます。

③""として裏側形状、""として体裁面形状を選択します。
④"OK"でウィンドウを閉じます。


"差"を使用する場合、どちらを先に選択するのかがポイントとなります。

カッターパートと、カットするパートを選択し間違えると、
出来上がり形状が全く別のものになってしまいます。

もし誤った形状ができあがってしまった場合には、
メニューの"編集"→"元に戻す"を選択して、差をとる前段階に戻し、再び""をとります。

こうして形状ができあがります。


ブール演算には、他に""、""、があります。
いずれも操作方法は上記と同様に行います。それぞれの特徴としては、下記の通りです。

  • ・・・2つの形状を足し合わせます。
  • ・・・2つの形状の重なる部分のみ残します。

プロダクトストラクチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ