スケッチャーワークベンチの概要:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



スケッチャーワークベンチの概要

パートを作成するためには、まずフィーチャー、
つまり、エンティティの組み合わせが必要になります。

このエンティティを作成するために使用するワークベンチが、
CATIAではスケッチャーワークベンチというものです。


ここでは、スケッチャーワークベンチのツールを紹介します。


スケッチャーワークベンチのツールについて

①選択
スケッチャーワークベンチで作成されたエンティティを様々な方法で選択するツールです。


②スケッチャーツール
プロファイルを作成するにあたって補助となるツールです。

以下の4種類があります。

  • 点へのスナップ
  • 補助/標準エレメント
  • 幾何学拘束
  • 寸法拘束

③プロファイル
作成するプロファイルをここから選択します。

以下のような種類があります。

  • プロファイル・・・プロファイルを作成するツールです。
    このツールを使用することで、線と円弧を描くことができます。
  • 長方形・・・平行四辺形や長穴等も作成できます。
  • 円・・・3点通過や3接円等も作成できます。
  • スプライン・・・曲線を作成します。
  • 楕円・・・楕円を描きます。
  • 直線・・・直線や2等分線等を描きます。
  • 軸・・・対称移動や回転等で使用する軸を描きます。
  • 点・・・点を作成します。交点や投影点も作成することができます。

④操作
作成したエンティティを加工するツールです。

  • コーナー・・・角にフィレットをかけます。
  • 面取り・・・角の面取りをします。
  • トリム・・・余分なエンティティをトリムします。
  • 対称・・・対称移動や回転移動等を行います。
  • 3Dエレメントを投影・・・3D上に存在するエレメントを2次元領域に投影します。

⑤拘束
拘束については後で詳しく紹介していきます。
ここでは、どのようなタイプの拘束ツールがあるかを抑えておいてください。

  • ダイアログボックスで定義した拘束
  • 拘束
  • 自動拘束
  • 拘束をアニメーション表示
  • 接触拘束

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ