プロファイル:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



プロファイル

CATIAのプロファイルツールでは、直線と円弧を1つのツールで作成することができます。


線を引く場合

始点をMB1で指定した後、終点の位置にポインタを移動させ、再度MB1を押下します。
"スケッチツール"ツールバーに表示される入力ボックスに、値を入力することもできます。


直線"を選択した後で

  • H・・・終点のx座標値
  • V・・・終点のy座標値
  • L・・・直線の長さ
  • A・・・直線のなす角度

を指定することで直線が引けます。


円弧を描く場合

始点をMB1で指定した後、MB1を押した状態で終点の位置にポインタを移動させ、再度MB1を押下します。
"スケッチツール"ツールバーに表示される入力ボックスに値を入力することもできます。


まず"接する円弧"か"3点を通る円弧"のどちらかを選択します。
"接する円弧"の場合は終点情報のみ、"3点を通る円弧"の場合は、2点目と3点目の情報を入力します。

  • H・・・終点のx座標値
  • V・・・終点のy座標値
  • R・・・円弧の半径値

また、ツールを終了する際には終点で、
マウスをダブルクリックするか、[ESC]を2回押下します。


スナップ機能について

プロファイルを作成する上で、非常に便利なツールとして"スナップ機能"があります。
CATIAでは"点へのスナップ"という名前のアイコンで表示されています。


スナップ機能と表示されているグリッド線を使用することで、
プロファイルが平面にスナップされるため、プロファイルが作成しやすくなります。

このスナップ機能のカスタマイズ方法については後で説明しますので、そちらを参照してください。


"プロファイル"ツールを使用する前に、予め作図の補助ツールである
"点へのスナップ"、"幾何学拘束"、"寸法拘束"ツールをONにしておくことで、
プロファイル作成に関して効率化アップが図れるでしょう。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ