拘束:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



拘束

CATIA V5では、スケッチャーワークベンチで作図するエンティティを
拘束する方法がいくつかあります。

エンティティを選択した状態でマウスを動かしてしまうと、
エンティティが予期せぬ位置に動くといったハプニングが起きかねません。

こういった事を起こさないよう、互いのエンティティや座標系と関連づけておきましょう。
また、形状に修正や変更が入った場合にも拘束条件が設定されていると便利です。


拘束

  • ①"拘束"ツールを選択します。
  • ②拘束をかけるエンティティを選択します。
  • ③マウスを四方に動かして、所望の拘束が表示されるようにします。
  • ④MB1を押下して、拘束表示をドロップします。

修正

●拘束表示の位置変更

プロファイルを作成していった時に、拘束表示が邪魔になり、プロファイルが見えない場合があります。
そういった場合には、拘束表示を別の位置に移動させましょう。

  • ①拘束の表示をダブルクリックします。
  • ②所望の位置にドラッグ&ドロップします。

これは、かける拘束の種類を変更したい場合にも有効です。

ドラッグしながら、四方に動かすことで拘束の種類が変わります。
かけたい拘束が表示されたところでドロップします。


●拘束した値の変更

拘束した寸法や角度に変更が入った場合の変更の仕方です。

  • ①拘束表示をダブルクリックします。すると、"拘束定義"ウィンドウが開きます。
  • ②"値"項目に、正しい数値を入力します。
  • ③"閉じる"で閉じます。

一致拘束等で他のエンティティと関連付けていた場合、
修正したエンティティに合わせて他のエンティティも寸法等が変更することがあります。

他のエンティティと関連付けていたエンティティの拘束寸法や角度を変更した場合には、
全体として予期せぬ形状になっていないか確認するようにしましょう。


スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ