グリッドとスナップのカスタマイズ:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



グリッドとスナップのカスタマイズ

CATIAで作業平面の特定が済んだ後、いざスケッチャーワークベンチの中に入っても
グリッドが表示されていないことがあります。


プロファイルを作成する上で、スナップ機能グリッド機能は非常に便利なツールですので、
ここでは、これらの機能の設定方法を説明していきます。

CATIAのオプションツールからスナップ機能とグリッド機能をカスタマイズすることができます。


グリッド線の表示方法とスナップ機能のカスタマイズ

  • ①メニューの"ツール"を選択します。
  • ②プルダウンメニューから"オプション"を選択します。すると"オプション"ウィンドウが開きます。
  • ③メカニカル・デザインの"スケッチャー"を選択します。
  • ④"グリッド"フレームでスナップ機能とグリッド機能をカスタマイズします。
●表示・・・グリッド線を表示する場合はチェックボックスをONにします。

●点へのスナップ
・基本間隔・・・スナップの間隔を指定します。
・目盛り・・・スナップの目盛りを指定します。
  • ⑤"OK"を押下して閉じます。

グリッド線が表示されているか確認してください。


もしここで、スクリーン上にグリッド線が表示されていない場合は、
スクリーンを拡大してみて下さい。
そのうちグリッド線が表示されるでしょう。

スクリーンで表示しているサイズに対して、オプションツールを使用して
カスタマイズした値が小さい場合には、表示されないことがあるのです。


では、スナップ機能も確認してみましょう。

"プロファイル"ツールから""アイコンを選択し、スクリーン上でマウスを動かしてみて下さい。
スナップ機能により、任意の場所に吸着しやすくなっていることが確認できると思います。

あまりに小さい値を設定していると、効果が得られないことがありますので、
設計するパートのサイズに合わせてカスタマイズしましょう。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ